Japan, Hockey, Baseball, etc.

Mostly about Asian ice hockey, Japanese baseball, other sports, and random tidbits

  • Categories

  • 人気の記事

  • Archives

  • 2008 2009 anyang baystars beijing buffaloes canada carp china cl cranes darvish eagles fighters free blades giants halla hanshin High1 Hiroshima hokkaido humor humour Ice Bucks icebucks ice hockey ihwc IIHF Japan KHL korea koshien lions lotte marines nikko nippon paper Oji OPS pacific league pl prince rabbits rakuten saitama sapporo seibu sharks swallows tigers tohoku uniform wbc yakult yokohama yomiuri アイスホッケー アメリカ オリンピック カナダ スウェーデン セイバーメトリクス ドイツ バンクーバー プロ野球 メジャー ユニフォーム ロシア 世界選手権 中国 五輪 日本 日本代表 札幌 西武 野球
  • Pages

  • Meta

  • Advertisements

    Archive for February 13th, 2008

    Recycled Paper Scandal to hit Japanese Hockey?

    Posted by japanstats on 2008 February 13日 Wednesday

    Now that my work had settled down a bit, I was going to write Asia League 2007-08 Regular Season review and Playoff preview articles. But, there may be bigger issues at stake in the world of Japanese hockey.

     

    Japanese hockey has endured through much travail in this century. Starting with Yukijirushi (dairy products manufacturer) folding its hockey team following a food poisoning scandal in 2000, Furukawa Electric dropping its hockey team which forced the team to become the first fully professional hockey team in Japan, the Nikko IceBucks. Then there was the insider trading scandal by the big boss of Seibu Group and the biggest backer of Japanese hockey, Tsutsumi Yoshiaki, this forced the two group teams Seibu and Kokudo to merge in a cost cutting measure. This reduced the number of top level Japanese club teams to 4 from 6 which in turn forced the hands of JIHF to create the Asia League (as the number of pro hockey clubs in Korea and China were on the decline as well), and this has been great for increasing the level of play in Korea, and encouraging international hockey relations and more competitive play in the top league.

     

    However, on the heel of all this, a new scandal has hit Japanese hockey. The two Hokkaido (northern island of Japan) based teams are owned by major paper companies, Nippon Paper and Oji Paper. And it came to light in the New Year that majority of Japanese paper companies had been falsifying the percentage figures of recycled paper used to create their products. (Industry is trying to shamelessly shift the blame on the increasingly competitive market for recycled paper, and China being a big buyer, who knew?)

    http://www.enn.com/pollution/article/29560

    http://kdd.asahi.com/english/Herald-asahi/TKY200801180095.html

     

    If this scandal hits both Nippon Paper and Oji Paper hard enough, could we possibly be seeing the demise of these teams, or a possible merger, in the hockey heartland of Japan? I hope not, as that could really signal the end of top level pro hockey in Japan and East Asia.

     

    So, I guess this is no time to be joking about how the Oji team has an eagle as a mascot and the bird even adorns its uniform, but the team has no nickname when it should obviously called the Eagles, it would make for easier and better marketing as well. Or wonder why last season’s the treble winner (AL Regular Season, Playoffs, and All Japan Championships) Nippon Paper Cranes are struggling despite the great performance of former NHLer Jamie McLennan in goal who joined the team midway through the season and promptly posted the 2nd best save percentage in the league. Incidentally, the big paper companies are most likely the cause behind the always beautifully produced Asia League program booklets.

    Advertisements

    Posted in 02_English, Asia League Ice Hockey, hockey, information, Japan, opinion | Tagged: , , , , , , , | 1 Comment »

    セイバーメトリクスについて

    Posted by japanstats on 2008 February 13日 Wednesday

    これもまた別の場所での書き込みですが…

    セイバーメトリクスとは、ただ対象になってるデータ項目が長年重要視されていたものと違うだけで、データ分析自体は前から行われていました。それに、データだけでチームを構成しようとしている球団なんてもちろん存在せず、まだデータ分析とスカウトの目の適切なバランスを探そうとしている過程でしょうね。

    投手の勝利数や打者の打点は立派な成績として後世に残りますが、あまりにもチームメイトの能力や運や他の要素に左右される数字なので、将来の成績の予測に使う項目としては信憑性に欠けます。それで運等、選手が直接コントロール出来ない要素をなるべく省いた項目をいろいろと研究して編み出しています。選手年俸が天文学的な数字になってきた時代なので、下手にリスクを冒すより、将来の成績をより正確に読めるように努力していますね、多くの球団は。(それで今まで疎かになっていた守備の指標の研究にかなり力を入れていますが、各球団の企業秘密になってしまっている部分が多いので、残念ながらこれはまだあまり公開されていません。)

    あと出塁率については、打数ではなく打席数が分母となる(四死球の時も打者は打席に立ちますので、それを無視してしまう打数という数字では選手の能力を語りきれない)上、野球において一番重要な財産であるアウトを、どれだけ取られないかという成績なので、攻守両側から見て重要性が分かりやすい数字だと思います。セイバー活動での一番の功績が出塁率の重要さをメジャー球団や世間(アメリカの中継では普通に打率や本塁打と並んで表示される事が多くなった)に伝えられた事じゃないでしょうか。

    Posted in 01_日本語, baseball, information, Sabermetrics, statistics | Tagged: , , , , , , | Leave a Comment »

    日本ホッケー界と製紙業界

    Posted by japanstats on 2008 February 13日 Wednesday

    レギュラーシーズンを終え、全日本選手権も終了し、アジアリーグのプレーオフを今週末に控えてる日本ホッケー界ですが…

    雪印集団食中毒事件、古河の撤退、西武グループの堤会長の証券取引法違反からドミノ倒しできたコクド・西武の合併と21世紀は日本ホッケー界はどんどん厳しい状況に追い込まれてきています。この逆境の中で、初プロホッケークラブの日光アイスバックスが生まれたり、アジアホッケーの交流とレベルアップに貢献していて、且つ(毎年綱渡りみたいだが)面白いリーグになってきているアジアリーグ発足という良い効果も見られました。 しかしここでまた自業自得な災難が日本ホッケー界に降りかかってきました。郵政民営化から発覚した、年賀状再生紙偽装問題で日本製紙連合の半数以上の会社が再生紙偽装をしており、業界大手の日本製紙と王子製紙もまんまと偽装してました。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008012602082488.html http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080116/biz0801161928009-n1.htm http://news.goo.ne.jp/article/reuters/business/JAPAN-298371.html

    とりあえず今シーズンは無事終えられるだろうけれど、今となっては日本ホッケー界を支えている製紙業界大手二社(いつも日本・アジアリーグのプログラムがやたらとキレイだという理由でもあるだろうw)が、これを機にホッケーから撤退しなければ良いのだが…両社とも北海道に拠点があるし、釧路と苫小牧では重要な企業であるし、ホッケーは両市で一番(?)盛んなスポーツだろうから、そう簡単に撤退はしないと思うけど、コスト削減で合併なんてしちゃったり…?!?困るな~、日本ホッケー界。未だかつてない、最大の難関かも… クレインズの不調や、王子製紙が鷲をマスコット&ユニフォームに採用してるのに、何故か「イーグルス」というニックネームが無かったり、チームのホームページには「当社は3位でプレーオフファーストラウンドに出場します」なんて書かれてる事を気にしてる場合じゃありませんね(苦笑)。

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, hockey, information, Japan, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    Shiggy こと長谷川滋利

    Posted by japanstats on 2008 February 13日 Wednesday

    別の場所で書き込んだ、個人的にはとても好きな人間であるShiggy のメジャー引き際についてのまとめ。彼は頭が切れるし、ユーモアセンスもあり、好奇心旺盛な実業家、とても尊敬してます。

    shiggy

    長谷川は毎年コンスタントにFIP*が4.0 前後でしたので、引退した時にはまだまだ普通に使える投手のように見えました。
    http://www.fangraphs.com/statss.aspx?playerid=1082&position=P

    *FIP (Fielding Independent Pitching) とは守備と運の要素をなるべく省いた防御率みたいな数字で、投手がより直接責任のある被本塁打、四死球、三振と投球回数の数字だけから算出されています(DIPS に似てる)。
    http://www.hardballtimes.com/main/statpages/glossary/#fip

    ちなみにDIPS, FIP, DICE は全て同じ目的の指標で、HR, BB, HBP, K, IP だけを使って防御率と似たスケールの数字を算出しています。どれが正しいというのは無いでしょう(まだ常に研究&改良中なので)。
    http://en.wikipedia.org/wiki/Defense_Independent_Pitching_Statistics

    ちなみにShiggy が打たれたFB%(フライ率)からのHR%(被本塁打率) をリーグ平均球場に合わせた長谷川のxFIP は5.0 前後だったので、彼自身かなり投手有利なセーフコに助けられていて、自ら引き際だと決めたのかな。
    http://www.hardballtimes.com/main/stats/players/index.php?lastName=hasegawa

    あちゃー、最後の2年間のホーム&アウェイの成績の差が凄すぎます。
    http://www.baseball-reference.com/pi/psplit.cgi?n1=hasegsh01&year=2005
    http://www.baseball-reference.com/pi/psplit.cgi?n1=hasegsh01&year=2004

    2004 Home 2.95/.670/1 (ERA/OPS/HR)
    2004 Away 8.26/.862/4
    2005 Home 2.83/.639/2
    2005 Away 5.68/.682/2

    んー、これだけだとまだはっきり分からないですね。 被HRやOPS だけでは計れない何かでしょう。
    ANA からSEA に移って被HR率がガクッと下がったので、やっぱりセーフコ効果だったのかな?微妙にフライボール投手でしたし(50%台)。
    http://thebaseballcube.com/players/H/Shigetoshi-Hasegawa.shtml

    ※注:リンク先は全て英語です m(_ _)m

    Posted in 01_日本語, baseball, information, MLB, opinion, Sabermetrics, statistics | Tagged: , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    JIHF Press Release: Seibu wins 2008 All Japan Ice Hockey Championship

    Posted by japanstats on 2008 February 13日 Wednesday

    The 75th edition of the All Japan Ice Hockey Championship final tournament was held in Kushiro, Hokkaido, Japan from 4 – 10 February, 2008.

    In the final, Seibu beat the Nippon Paper Cranes 5-3 to win its first All Japan Championship since 2004 when the team was still called Kokudo.

    Oji Paper won the bronze medal game 4-1 over the Nikko.

     

    Final standings:

    Gold: Seibu Prince Rabbits

    Silver: Nippon Paper Cranes

    Bronze: Oji Ice Hockey Club

    4th: HC Nikko IceBucks

    Tournament MVP: Obara Daisuke (Seibu Prince Rabbits)

     

    (The All Japan Championship is an open tournament, similar to the FA Cup, with regional qualifiers for club teams, university teams, and high school teams. Asia League teams, the elite teams in Japan by far, enter the tournament in the quarterfinals.)

     

    In the quarterfinals, AL teams won all their games, as expected, but Waseda University put up a valiant effort against the Cranes who have not been playing like a defending treble winner (2007 AL Regular Season, Playoffs, and All Japan Championships), Waseda only lost by 1 goal with the final score being 3-2 in favour of the Cranes. Other quarterfinal results were Nikko IceBucks 7 – 2 Toyo University, Oji Paper 10 – 0 Chuo University, Seibu Prince Rabbits 12 – 0 Toyota Centuries (Hokkaido club team).

    http://www.jihf.or.jp/jihf/data/schedule.php?id=127 (Tournament results in Japanese)

    Original article (Japanese):

    http://www.jihf.or.jp/jihf/news/news.php?id=1055

    Read the rest of this entry »

    Posted in 02_English, 03_Translations (英訳ポートフォリオ), Asia League Ice Hockey, hockey, information, Japan, JIHF, press releases | Tagged: , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    乱闘

    Posted by japanstats on 2008 February 13日 Wednesday

    アメリカのDivision I 大学リーグレベルでは比較的珍しい乱闘が週末の試合で起きました。NY州のライバル校同士のRIT 対Canisius の試合でした。(プロやメジャージュニアでは、それほど珍しくない。)

    戦後からは大人しい国民性のお陰か、日本では乱闘は起きませんが(中国のチーム対日光の乱闘が昨シーズン神戸でありましたが、あれは「正しい乱闘の作法」を完全に無視した複数対一や、ベンチから選手が乱闘に参加してたりした危険な物でした、それに比べると乱闘文化(笑)が確立してる北米では、半分見世物である「乱闘」は大事には至りません)、観客の反応の違いも面白いです。北米だと乱闘が始まると観客が盛り上がるけど、日本だと乱闘が始まりそうになると観客が引いてしまって静まり返ってしまう。文化と北米スタイルの根付き具合の違いですね(^^;

    欧州と北米のホッケー交流がかなり盛んになってきていますので、最近では欧州でも似たような「乱闘道」を極めた乱闘が増え始めているそうです。まあ、もっぱらカナダ人選手が原因なのですが、NHL でも旧ソ連各国から荒くれ者が出没してきていますね。怖いもの見たさでは、面白くも見れるホッケーのショー的要素の強い「乱闘」。最近では現在ECHL ベーカーズフィールド所属の福藤選手も参加していて、最終的にはしっかり相手をねじ伏せて、観客にもアピールしていましたね(^^ 本人から直接話を聞いてみたいです。

    Posted in ECHL, hockey, information, opinion | Tagged: , , , , , , , , , | Leave a Comment »