Japan, Hockey, Baseball, etc.

Mostly about Asian ice hockey, Japanese baseball, other sports, and random tidbits

  • Categories

  • 人気の記事

  • Archives

  • 2008 2009 anyang baystars beijing buffaloes canada carp china cl cranes darvish eagles fighters free blades giants halla hanshin High1 Hiroshima hokkaido humor humour Ice Bucks icebucks ice hockey ihwc IIHF Japan KHL korea koshien lions lotte marines nikko nippon paper Oji OPS pacific league pl prince rabbits rakuten saitama sapporo seibu sharks swallows tigers tohoku uniform wbc yakult yokohama yomiuri アイスホッケー アメリカ オリンピック カナダ スウェーデン セイバーメトリクス ドイツ バンクーバー プロ野球 メジャー ユニフォーム ロシア 世界選手権 中国 五輪 日本 日本代表 札幌 西武 野球
  • Pages

  • Meta

  • Posts Tagged ‘ロシア’

    =ホッケー?

    Posted by japanstats on 2008 June 22日 Sunday

    必要以上にカフェイン摂取をして、今ロシア対オランダのユーロ準々決勝を見てるんだけど…

    ロシア顔のアスリートを見ると、どうしても勝手に脳内変換してホッケージャージと防具一式を着用、そしてスティックを持たせてしまうw

    いや、だってこういう国なんだからしょうがないw↓

    でしょ?

    Posted in 01_日本語, football, hockey, random, soccer | Tagged: , , , , , , , , | Leave a Comment »

    ロシア優勝!

    Posted by japanstats on 2008 May 19日 Monday

    2008年世界選手権はケベック・シティーでの決勝でロシアがカナダを延長戦で5-4で破り、見事15年ぶりに優勝。大会中ずっと全く噛み合わずノーゴールだったIlya Kovalchuk がなんと試合終盤の同点ゴールと延長の決勝ゴールを両方決める大活躍。カナダは4-2と2点リードした時点で守りに入ってしまい、爆発力の凄いロシア相手には2点リードを守りきる事が出来ませんでした。

    カナダがこのIIHF 100周年大会を始めて開催しましたが、見事ホスト国が優勝できないジンクスは86年にソ連が優勝した時以来、ずっと続いていて、今回もそれは変わりませんでした。カナダが負けたのは悔しいけれど、15年ぶりに優勝したロシア選手の喜びようは感動ものです。特にSergei Fedorov のソ連時代の90年以来の優勝、そしてキャプテンMorozov と立役者Kovalchuk の喜びよう、そしてもちろん一番感情を顕わにしてプレーして喜ぶロシア人スターのOvechkin、皆おめでとう!

    来年の大会はスイスのベルンとチューリッヒで開催されます。なんと今年の大会でスロバキアがあわや降格かという不振な成績を残したので、世界ランキングでは見事スイスが7位に浮上。もうビッグ7(カナダ、ロシア、スウェーデン、フィンランド、アメリカ、チェコ、スロバキア)時代は終わったのか、ビッグ6になっちゃったのか、はたまたビッグ8と呼べるのか、国際ホッケー界も確実に進化してきています。

    Posted in 01_日本語, hockey, information, International, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , , | 2 Comments »

    2008世界選手権、夢の決勝

    Posted by japanstats on 2008 May 18日 Sunday

    16日の準決勝では、ロシアが4-0とフィンランドに快勝して、カナダは2ピリ終了時点でLundqvist を攻略してゴーリー交代させての5-4勝ち。17日に行われたスカンジナビア対決の銅メダル戦は4-0でフィンランドが制してめでたくメダル獲得。そして今日行われる決勝は、IIHF 100周年記念大会で、ホッケー発祥の地カナダでの初開催に最も相応しい、ホッケー界を常にリードしてきた両雄のライバル対決、カナダ対ロシアが実現しました。実はこの2大国の決勝というのは、92年の五輪以来なんですよね、なんか意外。でもソ連崩壊後、ロシアンホッケーは長年迷走していたという事もありますし。ついでに、IIHF が発表した、国際ホッケー史上のオールスターチームの発表(グレツキーとSalming 以外はソ連勢)と、IIHF 100周年記念のトップストーリーの発表もありました(80年五輪で学生からなる米代表がソ連を下した試合でした、#2-100にも結構面白い記事があります)。ちなみに決勝は18日の日本時間26時からです。

    Posted in 01_日本語, culture, hockey, information, International, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    2008世界選手権準決勝

    Posted by japanstats on 2008 May 16日 Friday

    14日に行われた準々決勝の結果

    カナダ8-2ノルウェー

    ロシア6-0スイス

    スウェーデン3(延長)2チェコ

    フィンランド3(延長)2アメリカ

    力の差があった2試合は2強が楽勝、でもノルウェーはここまでよく頑張りましたで賞。さすがにビッグ7同士の対決は接戦で、どっちが勝ってもおかしくない試合でした。

     

    ここで会場は完全にケベック・シティーに移り、16日の準決勝は:

    ロシアーフィンランド

    カナダースウェーデン

    となりました。

    ロシアーフィンランドは因縁対決。ロシアのオフェンスとスーパーゴーリーのNabokov がどこまでキャプテンのSaku Koivu とベテランスナイパーSelanne のいるフィンランドを圧倒できるかが見物。そしてホームで絶好調のカナダが確かに有利なんですが、スウェーデンはゴーリーがオリンピック優勝の英雄でNYレンジャーズの絶対的守護神Lundqvist なので、何が起こるかわかりません。世界選手権では87年のスウェーデン大会以来、開催国が優勝できないというジンクスが20年以上も続いています、果たしてカナダはこのジンクスを破る事が出来るのか?!カナダーロシアの因縁対決の決勝が濃厚ですが…試合はやってみるまで分かりません。

     

    Posted in 01_日本語, hockey, information, International, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    世界選手権2008、いよいよ準々決勝

    Posted by japanstats on 2008 May 14日 Wednesday

    スロバキアが(ドイツの違法選手使用問題もありながら)期待を遥かに下回るプレーをして降格争いを戦う羽目になった(でもスロベニアに2連勝で無事トップディビジョン残留、フランスもNHLゴーリーHuet のお陰でイタリアを下し残留)事以外は、ノルウェーの健闘と3試合延長負けしたベラルーシの活躍がホッケー小国から目だったグループリーグでした。スイスは結構固いですね、意外とロシア相手に接戦を演じる可能性も(ビッグ8入りの最有力候補はスイスですからね)。

    5/14 の準々決勝

    チェコ対スウェーデン

    ノルウェー対カナダ

    ロシア対スイス

    アメリカ対フィンランド

    チェコ戦とアメリカ戦はトップ国同士の戦いとなり、上でも書いた通りロシアースイスも面白い試合になりえる。一番楽に見えるのがカナダだが、実はグループリーグは2-1の接戦だった。またノルウェーのゴーリーGrotnes が神掛かったら、ミラクルもありえるかも?!

    意外と観客数が少ないのが残念…

     

    Posted in 01_日本語, hockey, information, International, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    ホッケー留学

    Posted by japanstats on 2008 May 7日 Wednesday

    といっても形はいろいろあり、一番一般的なのは高校生の時とかにカナダへ行く事かな。これは王子の外崎慶選手も経験した事です、もっとも彼の場合は高校中ずっとカナダだったのでかなり本格的。

    そして14才の時から名門モスクワ・ディナモへ留学していて、最近ニュースで取り上げられた15才の新谷君もいます。元日本代表ゴーリーのお子さんだから、遺伝子もありますね(^^

    中には、自分と同い年の女の方が、なんと会社を辞めて3ヶ月フィンランドへホッケー留学へ行った、なんて凄い話もあります。やっぱホッケー好きな人はアツイ。

    そして忘れてはいけないのが、長野オリンピックのチェコの優勝に触発されて、家族揃ってホッケーの為にチェコへ引越した桐渕家絵里さんは今チェコからカナダへホッケー留学していて、アメリカの大学でプレーする事を目指している。とこれ以上ホッケーで国際的になれないでしょう。新谷君と共に将来の日本代表入りを目指して、いやそれだけではなく世界のトップリーグでの活躍を目指して頑張って下さい!

    Posted in 01_日本語, hockey, information, International, Japan, opinion | Tagged: , , , , , | 1 Comment »

    世界選手権開幕

    Posted by japanstats on 2008 May 3日 Saturday

    アイスホッケー世界選手権のトップディビジョンがカナダのケベックとハリファクスで開幕しましたね(語りべじろうさんのプレビュー)。試合結果は大方の予想通り、こんな感じでした。

    Group B

    Canada 5 Slovenia 1 (1-0, 3-1, 1-0)

    USA 4 Latvia 0 (1-0, 1-0, 2-0)

    Group D

    Denmark 2 Czech Republic 5 (2-2, 0-2, 0-1)

    Russia 7 Italy 1 (1-0, 5-0, 1-1)

    ちなみにデンマーク、アメリカ、ロシアはレトロユニフォームを着用(しかもロシアのはCCCP!)

    大会2日目の試合:

    Group A
    Belarus VS. Sweden
    Switzerland VS. France

    Group C
    Germany VS. Finland
    Slovakia VS. Norway

    Posted in 02_English, hockey, information, International | Tagged: , , , , , , , , | Leave a Comment »

    ハンガリーホッケー

    Posted by japanstats on 2008 May 2日 Friday

    近年成長目覚しく、先月札幌での世界選手権ディビジョンI B では全勝して(日本戦は延長になるべきでしたが)見事トップディビジョン昇格の切符を勝ち取ったハンガリー代表。ジュニア世代でも着実に力をつけてきていますので、今回の優勝と昇格を運のみでは語れません。

    そして代表が帰国した時には、なんと約1000人ものファンに出迎えられたそうです!もし別の年に日本が昇格を果たしていたら、1000人ものファンに空港で出迎えられたでしょうか、残念ながらなんか無さそうな気がします。それだけ今ハンガリーではホッケー人気が上がってきてるという事ですね。この様子はNHL.com でも取り上げられました

    しかし、この記事で私が一番興味を持ったのは、ハンガリーのクラブチームAlba Volan についての差込記事の方でした。このチーム、オーストリアのホッケーリーグEBHL (スロベニアからも2チーム参加)と、国内リーグの両方にチームを出しました。結果は、一軍で挑んだレベルの高いオーストリアリーグでは惨敗、ダントツビリの10位でした(アジアリーグの中国シャークスみたいに)。そして若手主体で戦った国内リーグでは7チーム中6位、しかしオーストリアで戦ってた選手達がプレーオフに戻ってきて、見事にプレーオフを制覇して決勝では隣国ルーマニアのチームを下し優勝!

    ここで興味深い事は、ハンガリーホッケーはアジアリーグみたいな形の参戦を2リーグ分で行っているという事。オーストリアリーグに参加している姿は中国シャークスと被りますが、中国との違いはそこで力を付けているという事でしょう、アジアリーグ参戦のお陰で確実に韓国ホッケーは強くなってきてるのに、何故中国には同じ効果が出ないんだろう?そして国内リーグのプレーオフでは決勝でルーマニアのチームとぶつかりました、これは逆にハンガリーが主体なのでアジアリーグでは国内チームの優勝して当然の立場なのです。そして、ハンガリーリーグに参加してる事によって、ルーマニアも力を付けているんでしょうね。

    国際リーグに参加して自国代表を強化して、国内リーグを隣国チームを開放して隣国の代表の強化にも繋がっている。正しく国際ホッケーリーグの理想の形ですね。そして日本はというと、アジアリーグで韓国と中国の強化に胸を貸している形になりますが、残念ながら日本のチームが強いリーグに参加して日本代表の強化に繋がるような事は起きていません。

    どうしたらこのような状況を打開できるのでしょうか?またアムール(やカザフスタンのチーム)に本気でアジアリーグに参加してもらう、というのも一つの手ですし、もしシベリアリーグが存在していてそこそこのレベルであれば、日本のチームを送り込みたいですね。もしそうでなくとも、ハバロフスクとウラジオストクのチームとは定期戦を組んで欲しい。アジアリーグと日ア連は、あと数歩足りないんですね…(札幌大会の開催側、宣伝等皆無のやる気の無さには失望しましたが)。

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, hockey, information, International, Japan, opinion, Uncategorized | Tagged: , , , , , , , , , , , , | 1 Comment »

    欧州クラブチームの平均観客数

    Posted by japanstats on 2008 March 22日 Saturday

    面白い数字が出てきたので、ちょっと。

    欧州クラブチームの2007-08シーズン平均観客動員数(プレイオフ除く、リーグ戦のみなのかは不明)のトップ25。

     

    チーム

    アリーナ

    平均観客数

    1

    SWI

    SC Bern

    Allmendstadion

    15’939

    2

    GER

    Kölner Haie

    Kölnarena

    12’317

    3

    GER

    Adler Mannheim

    SAP Arena

    11’639

    4

    SWE

    Västra Frölunda Göteborg

    Scandinavium

    11’549

    5

    RUS

    Lokomotiv Yaroslavl

    Arena 2000

    8’995

    6

    GER

    Hamburg Freezers

    Color Line Arena

    8’834

    7

    RUS

    Avangard Omsk

    Omsk Arena

    8’670

    8

    FIN

    Jokerit Helsinki

    Hartwall Areena

    8’591

    9

    CZE

    HC Moeller Pardubice

    CEZ Aréna

    8’547

    10

    RUS

    Sibir Novosibirsk

    Ice Sports Palace Sibir

    7’133

    11

    SWE

    Linköpings HC

    Cloetta Center

    7’105

    12

    RUS

    Amur Khabarovsk

    Platinum Arena Zolotoy

    7’100

    13

    SWE

    MoDo Hockey

    Swedbank Arena

    7’056

    14

    SWE

    Färjestad BK Karlstad

    Löfbergs Lila Arena

    7’025

    15

    SWE

    HV71

    Kinnarps Arena

    7’002

    16

    FIN

    HIFK Helsinki

    Helsingin jäähalli

    6’573

    17

    GER

    Düsseldorfer EG Metro Stars

    ISS Dome

    6’364

    18

    SWI

    ZSC Lions

    Hallenstadion

    6’314

    19

    SWE

    Brynäs IF

    Läkerol Arena

    6’291

    20

    RUS

    Metallurg Novokuznetsk

    Kuznetslikh Sport Palace

    6’227

    21

    SVK

    HC Kosice

    Steel Arena – Košický štadión L.Trojáka

    6’203

    22

    CZE

    HC Sparta Prag

    T-Mobile Arena

    6’158

    23

    RUS

    AK Bars Kazan

    TatNeft Arena

    6’074

    24

    GER

    Frankfurt Lions

    am Ratsweg

    6’071

    25

    FIN

    Kärpät Oulu

    Oulun Energia Areena

    6’055

    • スイスのSCベルンが2位以下を大きく引き離してダントツ1位の16000人弱。
    • でもスイス2位で25位内唯一のもう一つのスイスのクラブZSC Lions は6300人強で18位。(ベルンはV9時代の巨人みたいな人気チームって事?でもスイスのホッケーは日本みたいに全国区ではなく地域スポーツらしいが。)
    • ドイツが5チーム、ロシアとスウェーデンが6チームずつランクインしてる。さすがホッケー大国と資金力、石油で潤ってるロシアは両方だけど、スウェーデンは前者で、ドイツは後者(でもやっぱりスイスみたいに地域的には人気のあるスポーツらしい)。
    • 残りがフィンランド3チーム、チェコ2チーム、そしてスロバキア1チーム。皆人口が少ないながらホッケー大国なので、あまり驚く結果ではありませんね。
    • でも、25チームってNHLの30チームより少ないのに、25位のチームは1位のチームの38%しか集客できないって…(まあ、アリーナの最大収容人数とかもありますが…)弱小チームでも観客数がほとんど1万人を切らないにNHL に経済的に立ち向かおうとするのはやっぱり結構無謀…?欧州プロスポーツは日本みたいにスポンサー制度が一般的なんで、一概に集客力だけで比較は出来ませんけど。]
    • トップのベルンは、NHLに入っても中の下の立派な観客動員数。2-4位のドイツとスウェーデンのチームはNHLだとビリ、まあ施設の収容人数も関わっているのでしょうが…NHL と欧州リーグの経済力の差が歴然と表れているのでしょうかね?ロシアで今年から立ち上がるKHL が面白い起爆剤になりそうです(最低条件のアリーナの席数は8000人くらいと少ないが…)
    • 5位以下はAHL (AAA)やECHL (AA)の集客力とアリーナのキャパみたいです。

    ベルンのファンはとにかく半端無い、欧州サッカー文化を凝縮したような感じ。日本とも北米とも全然違う。一度でいいから、こんなアリーナで試合を見てみたい!

    Posted in 01_日本語, culture, hockey, information, International, NHL, opinion, statistics | Tagged: , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    KHL: コンチネンタル・ホッケー・リーグ

    Posted by japanstats on 2008 March 17日 Monday

    ロシアで来季から始まる予定で、近いうちNHL のライバルリーグになろうとしてるKHL ことコンチネンタル・ホッケー・リーグ(全24球団の予定。各球団のサラリーキャップが25億円くらいで、NHLの約半分の予算。ヨーロッパスポーツとしては珍しく、戦力均衡の為ドラフトを取り入れる。ロシアスーパーリーグの全球団に加え外国チームとかの受け入れも行う。リーグ発足に当たってロシア連盟と対立関係になっている)に、カザフスタンのクラブの確実な参加に加え、最近フィンランドのJokerit Helsinki, Karpat Oulu, そして今シーズン開幕前にLAキングスと交流戦を行ったオーストリアのRed Bulls Salzburg から、加盟申請があったそうです。ロシア・メディアの情報が信用できれば…w 何はともあれ面白いリーグになりそうで、今から来年のKHL が楽しみです。無事立ち上がれますように、ロシアの石油バブルが弾けないうちは大丈夫かな…?

    Posted in 01_日本語, hockey, information, International, opinion | Tagged: , , , , , , , , | 4 Comments »