Japan, Hockey, Baseball, etc.

Mostly about Asian ice hockey, Japanese baseball, other sports, and random tidbits

  • Categories

  • 人気の記事

  • Archives

  • 2008 2009 anyang baystars beijing buffaloes canada carp china cl cranes darvish eagles fighters free blades giants halla hanshin High1 Hiroshima hokkaido humor humour Ice Bucks icebucks ice hockey ihwc IIHF Japan KHL korea koshien lions lotte marines nikko nippon paper Oji OPS pacific league pl prince rabbits rakuten saitama sapporo seibu sharks swallows tigers tohoku uniform wbc yakult yokohama yomiuri アイスホッケー アメリカ オリンピック カナダ スウェーデン セイバーメトリクス ドイツ バンクーバー プロ野球 メジャー ユニフォーム ロシア 世界選手権 中国 五輪 日本 日本代表 札幌 西武 野球
  • Pages

  • Meta

  • Posts Tagged ‘中国’

    チャイナ・シャークスGMとのインタビュー

    Posted by japanstats on 2009 October 6日 Tuesday

    サンノゼ・シャークスのファンサイト、Sharks Site によるチャイナ・シャークスのChris Collins 元GMとのインタビューです。シャークスの長期的目標はチームとリーグをもっとプロ化させる事で、各連盟の影響を無くしてビジネスモデルとしてアジアリーグとシャークスを成功させる事だったそうです(現状から考えると夢物語みたいですね)。その為には、短期的にはシャークスは外国人選手に頼り(今季のチーム構成は中国人7人、元NHL選手5人-エンディコットとパーピック含む-と残りは日本人選手になる予定だったそうです)、中国人選手育成の為のファームチームを作り年間75-95試合を韓国、日本と北朝鮮のアマチュアチームと試合を組ませる予定だったそうです(合理的に見えますが、スポーツ省の権力者は自分の選手をトップチームに入れたかったそうです、ボロ負けする事になっても)。あとリーグの為にはオフィシャルの質の向上も欠かせなかったと言っています、今はレベルが低すぎると。NYアイランダーズのオーナーCharles Wang 氏が中国北部で行っている、ユース・プレーヤー向けのProject Hope との連携は全く無かったのは残念です。Collins 氏はまた条件が揃えばシャークスは中国へ戻れると語っていますが、スポーツ省の現状を読む限り、両者の思惑が一致するのは難しそうです。アムールとバイキングスに続き、アジアリーグはまた残念なパートナーを無くしました。

    [Q] Can you tell me about the San Jose Sharks ending their affiliation with the China Sharks this summer, a team which has been renamed the China Dragons?

    [CC] In China, nothing is as it ever seems! We proposed a plan for total Chinese solvency financially and on the ice at the development and Asian League level. The Chinese ice hockey Association and its Jr. ministers in charge wanted things to remain ‘status quo’ which we deemed unacceptable. In the end I gave Greg Jamison and Mike Lehr, my two supervisors and partners, the opinion that we should not go forward in the Asian League with the Chinese until the Chinese Ice Hockey Association and its operatives were removed from our partnership. The (China Sharks) and the Asian League were asked by us NOT to use any of our “marks”.

    [Q] Is there still a relationship between the Sharks and the Chinese Ice Hockey Association, and moving forward does the San Jose Sharks organization have future plans for China in general or the ALIH specifically?

    [CC] There is a fabulous relationship between the Sr. Director of the CIHA, Mr. Zhou and SVSE as we look forward to working with them in the future. Our main goals now are developing coaches, players and on/off ice officials with Sr. officials in the Minister of Sports office in China. This level is going to affect change in China and help our work and expertise reach the people as opposed to any game playing at the lower levels we’ve tried to avoid.

    [Q] I have read hockey is historically popular in certain regions of China. In what parts of the country was hockey already played? How did the Sharks work to increase the development of new players? How quickly did Chinese fans or the Chinese media adapt to a new team and a new sport being played in such an urban location? How was that reception compared to other teams in Japan or Korea?

    [CC] Hockey in China is well known despite the results under the current regime of the CIHA. Hockey is mainly popular in the North mostly because of the influence of the Russian border. The sport with the influx of rinks nationwide is growing in unconventional areas weather-wise as the South and West will see rapid growth in the game in the near future. This is vital to the games survival if for no other reason than to get the game away from the grips of the same old “dinosaurs” in the north of China who have taken the game the wrong direction while using it as a game where development of coaches, players and officials (was non-professional).

    The Chinese media covered our team and results because the team is incorrectly classified and created as the official ‘National Team’ of China for financial reasons that has no benefit for people like us or those who play the sport. Because the players level was so poor due to bad development and bad coaching and training, the Chinese media were and are ‘brutal’ towards the sport, especially the Men’s team.

    This season we were only going forward in the Asian League in a commercially run team where the Jr. ministers and their local (associates) would have no say or affect on any players we picked, trained, paid and developed. Of course the CIHA was vehemently against this proposal as it basically boxed and blocked any influence they would have, so our investment in China of developing coaches, players and officials would be expedited two-fold.

    You must understand that the rules in creating the team are set for Jr. ministers and their buddies to keep everyone happy by selecting teams that their (associates) ask them to pick. Of course for one season we did not allow this and the team was more successful than it had ever been. This created chaos for the very few ‘obstructionist’ in the local northern region, as the game was changed and those responsible for the destruction of the Chinese so called ‘product’ were left out in the cold. Their players of choice who have led China to the B division of group 2 at the WC, and have led the country to be the laughing stock of international hockey were all told by me and my coaches ‘thanks but no thanks’ as we were rebuilding the team from top to bottom.

    The crowds in Songjiang where we played last season (about 35 minutes outside Shanghai with no traffic) were good as we averaged just over 3000 per game. Mostly college kids and young families as they were loyal and vocal about the Sharks! Sadly this season they’ve lost their first 6 games in a hapless situation where on average 350 people have been let in free to watch this… collection of kids being led down a path of more failure.

    Chinese (fans) are obviously not very kind to the Japanese teams as a whole and maybe like the South Koreans a bit more. Other sports mainly feed this rivalry like soccer, table tennis, badminton, volleyball and basketball.

    [Q] In an interview, Claude Lemieux mentioned a few thousand fans in attendance during one of the games in China. How was the turnout and the atmosphere during the China Sharks first season? Which was the toughest building to play in?

    [CC] Atmosphere in the building was great. There are plenty of YouTube clips from fans at home games last season in Songjiang as we enjoyed our time there and the community.

    God Bless Claude and his family for letting him come over as he was and is great. He is one of the best people I’ve ever known as he is the consummate professional, and like Mac and Flats gave our team and league a sense of being. I will forever be indebted to my friend Claude as should all hockey people as the game needs more talent and character like Claude.

    The toughest building for the China Sharks to play in was Anyang, home of the Halla team in South Korea. They seemed to be the only team who prepared as if the NHL Sharks were on the ice (laugh). We liked our partners in the AL as we hope to be back soon under a completely separate structure than what is currently in place and unacceptable to us an ownership group.

    [Q] The San Jose Sharks brought a few China Sharks forwards to Oakland Ice for an offseason hockey clinic. San Jose also brought several foreign-born players to China to help solidify the lineup, including player/coach and former San Jose goaltender Wade Flaherty, and 6-foot-7 defenseman/coach Steve McKenna. How difficult was the process of bringing in foreign-born imports to China and the ALIH? Flaherty was named the best goaltender in the league last year, former Stockton Thunder forward Brock Radunske lead the league in goals (29) and points (57), and Jason Beeman lead the China Sharks with 15 goals. How much of an impact of did foreign-born players have on the ice and in the development of the ALIH players elsewhere and in China? Were there any other players that you contacted, or that contacted you, about playing in China or the ALIH?

    [CC] Many ex-NHLers I know want to come to China as the numbers this past off season were very high as we would have been a favorite to win the AL had we gone forward. My plan was two stage: One was to field a development team playing 75-95 games while playing exhibition schedules all season against AL teams and Asian hockey colleges in Japan and South and North Korea. This team would have been 99% Chinese. The AL team would have been 7 Chinese tops with the other 13 players half import and half Japanese. Because of the Sharks name, and because of the exoticness of China, acquiring players was not a problem.

    Import players are China right now which is what is wrong with the current people running Chinese men’s hockey. They do not understand the concept of 3 steps back in the long run equals 15 steps forward. Whether its because of financial interests or ignorance is not important, the Chinese men will never grow until a proven researched national strategy, like what we invested millions in, is fully implemented and the troublemakers are pushed aside.

    This season we would have had 5 former NHL players on the China Sharks roster had we proceeded.

    [Q] Steve McKenna might have the most interesting post-NHL career story of any hockey player to date, going from England to Australia to Italy to Korea. Can you describe how he came to the China Sharks? He also mentioned a persepctive shift when he and Flaherty were riding bikes through the University campus on the way to work. Is an open minded and adventurous mindset needed for former North American or European players to enjoy themselves in the ALIH? What are one or two things that a player might have to deal with playing in China that he would not expect prior to coming over?

    [CC] The minute we were announced as taking over the AL franchise, which by the way was never our goal as we came to China to develop players, coaches and officials and still see this as our mission, I targeted Mac as I knew him well. After our first season when we realized how dysfunctional the system currently in place was I called him and said ‘Mac, you must be in China next season’… I think we agreed to a contract on that phone call. The fact Mac is the national team coach of Australia and has won a World Championship at the helm there also fit our needs of playing and assisting Derek.

    YES, players must be open minded and adventurous to live and play in China… (laugh). The bicycles were my idea as I thought it would be great to have these big guys in their suits riding to and from the arena daily in front of hundreds of thousands of college students.

    Communism and its effects on people in a society that is quickly changing into a full fledged democracy in some ways is a major eye opener. It seemed to me that the players got it very well while the Jr. ministers did, but wanted no part of it and its affect on the average person… (laugh). The absolute lack of understanding of the team game is another. How the game of hockey is really coached and taught is another. How people eat team meals and travel and what is socially acceptable and what is not is another major eye opener. If you factor in what communism’s principals are and add them to these equations you get some very entertaining and interesting results. I am saving the juiciest stories for my book that I am writing on China and team sports.

    Posted in 01_日本語, 02_English, Asia League Ice Hockey, ECHL, hockey, information, NHL, opinion | Tagged: , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    チャイナ・シャークス?

    Posted by japanstats on 2009 August 28日 Friday

    シャークス行きだったはずの元西武の石岡敏が結局東北フリーブレイズと契約しました。

    そしてシャークスの公式HPでもアジアリーグの公式HPでも全く音沙汰が無い。2ちゃんではサンノゼ・シャークスとの提携が終わっていて、今シーズンはアジアリーグ不参加との噂も…真相はいかに?

    でもIIHFのニュース記事では、中国代表とチャイナ・シャークスの新ヘッドコーチは、国際経験豊富なベラルーシ人のAndrei Kovalev 氏に決定したそうだとか。てか、ベラルーシ人を新ヘッドとして採用してる時点で、もうなんかサンノゼとは離れていってる感じもする。

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, hockey, information, NHL, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    日本女子代表降格決定

    Posted by japanstats on 2009 April 10日 Friday

    フィンランドのHameenlinna で開催されている2009女子世界選手権で、残念ながら日本代表は下位ディビジョンへの降格が決定されてしまいました。

    残留争いを演じていたのは、3グループそれぞれで最下位だったスイス、中国、そして日本でした。来年からトップディビジョンが1チーム減り8チームになる為、この残留争いは例年より熾烈で、なんと3チーム中2チームが降格するという戦いでした。

    この3チームの中では日本有利に見えるかもしれませんが、この大会でスイスは格上のカザフスタンを延長の後GWS まで持ち込む接戦をして、中国は日本相手に11月のバンクーバー五輪最終予選で2-0 で勝利しておりオリンピック出場最後の切符を手にしています。

    日本が今大会残留グループに入ってしまったのは、初戦の強豪アメリカ相手の0-8 (日本のシュート数が8という圧倒的な力の差、初A代表の桐渕絵理選手はこの試合に出場し31シュート中27セーブしました、ユニバーシアード代表にも呼ばれたので幸先は明るいと思います、あとはアメリカの大学のNCAA リーグでアイスタイム確保すれば、将来日本代表の守護神になれるでしょう、他にこのレベルでプレーしてる選手はいませんので)、そしてロシア相手に1-3 と惨敗したからです。

    スイスは昨日中国相手にGWS の末5-4 と見事に勝利したので、今日の日本戦で勝てば日中戦の前に残留を決定できる状況にいました。日本は2ピリにスイスに先制された後に食らいつき藤本選手が同点ゴールを決めましたが、ピリオド終了直前の39:37 にスイスにまた1点入れられリードを許してしまいました。3ピリに山中選手のゴールでまた同点に追いつきますが、その3分後にはまたスイスにリードされ、そのまま試合終了になってしまい、明日の中国戦を残して降格決定(スイスが残留決定となった為)となりました。

    来年は是非中国とその他のディビジョンIの相手を倒して、トップディビジョンへ1年で返り咲いてほしいですね!

    世界選手権は今週末、決勝トーナメントが行われます。

    Posted in 01_日本語, hockey, information, International, Japan, olympics, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    2008アジアシリーズ

    Posted by japanstats on 2008 November 13日 Thursday

    惜しくもサムソンライオンズが韓国プレーオフの準決勝で敗退してしまい、ライオンズ揃い踏みとはならなかった3ライオンズ対ワイバーンズの2008年アジアシリーズ。

    早速天津ライオンズが統一ライオンズ相手に4−3勝ちの金星。五輪に続いてまたも台湾代表が中国代表に負けましたね。日本代表の西武も気が抜けないだけではなく、主力を多く欠いているのでまた去年みたいに日本代表がSKに勝ちを献上する可能性がかなりあります。(訂正:統一がサヨナラ3ランで7-4の辛勝、天津あなどれないです。)

    しかし、このアジアシリーズ、ほとんど広報活動されてないですね。やはりNPB幹部はやりたくない(成功させたくない)事なのだろうか?MLB幹部の一部がWBCに選手を出すのを拒んでたりしたのと、何か似てるな。

    あと、開催時期だけど、プロ野球は雨天延期試合が何故か全て10月に組み込まれてスケジュールが間延びしちゃうんだけど、移動日がメジャーより多い上移動距離も少ないので、移動日に延期試合を組み込んで、レギュラーシーズン終了時にダラダラ消化試合をしないですむようにできそうなんだけど…?

    Posted in 01_日本語, baseball, information, MLB, NPB, olympics, opinion, tokyo | Tagged: , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    AL プレシーズン

    Posted by japanstats on 2008 September 7日 Sunday

    アニャン・カップ初日二日目の結果がアジアリーグの公式サイトにアップされています。本拠地を北京から上海に移し、NHL経験者を何人も入れてきた新生中国シャークスは王子イーグルス相手に1-5、去シーズンは2桁負けがざらだったので、悪くないのでは。High1に新加入の桑原選手と、兵役後ハルラに3季ぶりに復帰するソン・ドンファンが共に1G+1Aの活躍で存在感を見せました。

    あと今日、既にドイツで6試合戦った西武相手に、最初のプレシーズンマッチを行ったバックスが1-3(最後のゴールがエンプティーネットだったので実質1-2)と善戦したみたいです。D#8村井と新外国人のギルクリストとラフリニーエル(フランス2部26試合で12G+13A=25P)を欠いていてこの結果ですから、まずまずなんじゃないでしょうか。

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, hockey, information, opinion, tokyo | Tagged: , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    中国シャークスの新外国人選手

    Posted by japanstats on 2008 August 14日 Thursday

    五輪真っ只中に中国シャークスが重要な発表!

    本拠地を北京から上海に移したアジアリーグの中国シャークスが、新外国人として選手兼コーチのSteve McKenna 選手(昨シーズンはHigh1)と、ゴーリー兼コーチのWade Flaherty 選手を獲得

    McKenna 選手は昨シーズン30試合で2G+11A=13P そして64PIMのタフガイ。ネット前で重要な働きをしてくれるディフェンスマンです。そして、最近オーストラリア代表のコーチとしてディビジョンII を優勝した経験もあるので、指導者としても価値のある獲得です。

    そして40歳のFlaherty 選手ですが、未だに毎シーズン30試合以上AHL で出場していて、GAA2点台の.910以上のセーブ率の好成績を収めていますので、アジアリーグではかなり強力な助っ人となり、シャークスの為に一人で何試合も勝ち取ってしまうでしょう。そしてアジアリーグの少ない試合数は、彼みたいな大ベテランにも丁度良いだろうし。

    あと、ECHLで主にプレー経験のあるAdam Taylor 選手(RW)とも契約していましたね。昨シーズンは主にAHLでプレーして苦労したみたいだけど(第4ラインとかだった?)、それ以前はECHL で試合平均1ポイント獲得しているので、西脇選手並の攻撃力はあるでしょう。

    本拠地が上海になった事で、外国人選手も住みやすい環境になったでしょう(昨シーズン2試合だけ帰国しちゃったゴーリーがいましたが、さすがに準備万端な今シーズンはこれは無いだろう)。

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, hockey, information, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    アジアリーグ2008-09(非公式)

    Posted by japanstats on 2008 July 16日 Wednesday

    アイスホッケーのアジアリーグの2008-09シーズンの詳細が少し明らかになってきましたので、この時点でのまとめ。まだ公式発表されていませんが…w

    1) 中国シャークスは本拠地を北京から上海に移転。また7チームのリーグ。中国や韓国で噂されていた新チームの加入は見送り(それもあるが、極東ロシアのチームにも復帰してもらいたいんだが…)

    2) 中国シャークスは外国籍選手(中国・韓国・日本以外)を7人使用できる、韓国の2チームは2011年までは4人ずつだそうです。日本の4チームは恐らく変わらないと思いますが…これについては何も聞いてません。

    3) ハルラの本拠地のアニャン(ソウルの郊外)で、去年開催したプレシーズントーナメントのアニャンカップをまた開催する模様(毎年恒例のイベントにしたかったコメントがあるので、これは想定内の良い事ですね)。アジアリーグからの参加チームはハルラ、High1、シャークス、日本製紙クレインズ、王子製紙の5チームが確実で、あと多分去年みたいに地元の延世大学かな?去年からの入れ替えがSEIBUプリンスラビッツ→中国シャークスですね。

    4) レギュラーシーズンでのシュートアウト(SO、ゲームウィニングショット)制導入。延長戦のあとまだ同点であれば、まずは3人ずつシュートをして、それでもまだ同点であれば1人ずつサドンデス形式で行う。8人目からはまた1人目の選手を使える。

    5) シュートアウト導入に従って、勝ち点制度も変更。

    新制度は、60分勝ち:3点、60分負け:0点、延長・SO勝ち:2点、延長・SO負け:1点

    (引き分けが無くなったのは残念で、別にレギュラーシーズンでのシュートアウトはいらないと思うが、実際起こると間違いなく盛り上がるだろうし、世界のホッケー界の動向とも一致してますね、NHLも世界選手権でも導入されていますので。)

    6) プレーオフ制度の変更、去年は7チーム中6チーム参加できたのを、5チームに縮小。まず4位対5位が2戦先勝(ベスト・オブ・3)のシリーズを行い、その勝者が1位チームと準決勝で当たり、2位対3位でもう一つの準決勝を行う。準決勝と決勝は4戦先勝(ベスト・オブ・7)なので、NHLみたいな長いシリーズの戦い方を習得する必要がある。

    (プレーオフに入りにくくした事で、レギュラーシーズンの意味合いが強くなるので、良い事だと思います。バックス、新生シャークスは果たしてプレーオフ争いに食い込めるか?1-3位(特に1位)の価値が高まるのも利点ですね、良いシステムだと思います。4戦先勝もプレーオフを面白くすると思います。)

    7) レギュラーシーズンは去年の30試合から36試合に拡大。年々試合数が減ってきていたので、これは改善です(特に資金難の日光アイスバックスは、試合数が少ない程収入が少ないので)。

    8 ) レギュラーシーズンは9月27日~1月25日。

    9) プレーオフは2月19日~3月24日。

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, hockey, information, opinion | Tagged: , , , , , | 1 Comment »

    2010年バンクーバーへの道

    Posted by japanstats on 2008 May 22日 Thursday

    語りべじろうさんが、男女日本代表のバンクーバー五輪出場への可能性を簡潔に纏めてくれています

    国際アイスホッケー連盟は、2010年に開催される「バンクーバー オリンピック」と、
    その出場権を争う予選のグループ分けを、それぞれ発表しました

    世界ランキングによって、既に決定していたとおり
    日本は、男子、女子ともに、予選を経て、バンクーバーを目指すこととなりますが、
    男子は、11月にポーランドで開催される2次予選から参戦。

    ポーランドルーマニアイギリス と総当りのリーグ戦を行い、トップになれば、
    他2つのグループの2次予選で、トップとなった国との世界ランキングによって、
    来年2月に、ドイツ、ラトビア、またはノルウェーの いずれかで行われる最終予選へ。

    そして、再び4ヶ国総当りの最終予選でもトップになれば、
    オリンピック出場権を獲得することができます。

    一方の女子は、11月の最終予選に出場。
    こちらも、開催国の 中国 と チェコ、さらに 1次予選から勝ち上がってきたチーム との、
    総当りのリーグ戦でトップになると、バンクーバーへのチケットを手にすることができますが、
    以前の記事でも紹介したように、
    これまでの戦績を考えると、中国との一騎打ちになりそうな見込み。

    男子は、個人的にはイギリスもあなどれない相手だと思いますので、ポーランドと三つ巴になる可能性も十分にあります(イギリスはトリノ五輪予選を欠場したので、実力以下の世界ランキングになっている)。でも、もしこの予備予選を勝ち抜いても、ランキングが10代の最終予選ラウンドが待っていますから、正直厳しいでうすね、もちろん応援してますが。

    そして女子は語りべさんの仰る通り落ち目の中国との一騎打ちになりそうですね。女子代表が五輪本選に出場してくれれば、国内のアイスホッケー注目度も少しは上がるかな…?

    先月札幌で行われたディビジョンI の運営が散々(ほとんど広報無し、メディアの注目度も激低…orz 日ア連は、やる気あるのかね?古い体質が問題視されている話を聞くのも少なくないですね、残念ながら…)

    がんばれ日本!そしてアジアリーグ覇者王子の来シーズンに向けてのトレーニングキャンプはもう始まりました。西武のタフなトレーニングプログラムといい、最近日本ホッケーのトップレベルはレベルアップしてるみたいですね、ハンガリー、デンマークやオーストリアのライバル国は、協会とクラブと選手の育成ベクトルに統一性を持っているのでもっと進展してるそうですが。(今年の世界選手権ではノルウェーとベラルーシもがんばりましたね。)スイスなんて、ついに世界ランキング7位になり、ビッグ7の壁を突き破りました(まあ、スロバキアはNHL 選手が多く不在してた一軍半でしたが。)

     

    Posted in 01_日本語, hockey, information, International, Japan, NHL | Tagged: , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    ハンガリーホッケー

    Posted by japanstats on 2008 May 2日 Friday

    近年成長目覚しく、先月札幌での世界選手権ディビジョンI B では全勝して(日本戦は延長になるべきでしたが)見事トップディビジョン昇格の切符を勝ち取ったハンガリー代表。ジュニア世代でも着実に力をつけてきていますので、今回の優勝と昇格を運のみでは語れません。

    そして代表が帰国した時には、なんと約1000人ものファンに出迎えられたそうです!もし別の年に日本が昇格を果たしていたら、1000人ものファンに空港で出迎えられたでしょうか、残念ながらなんか無さそうな気がします。それだけ今ハンガリーではホッケー人気が上がってきてるという事ですね。この様子はNHL.com でも取り上げられました

    しかし、この記事で私が一番興味を持ったのは、ハンガリーのクラブチームAlba Volan についての差込記事の方でした。このチーム、オーストリアのホッケーリーグEBHL (スロベニアからも2チーム参加)と、国内リーグの両方にチームを出しました。結果は、一軍で挑んだレベルの高いオーストリアリーグでは惨敗、ダントツビリの10位でした(アジアリーグの中国シャークスみたいに)。そして若手主体で戦った国内リーグでは7チーム中6位、しかしオーストリアで戦ってた選手達がプレーオフに戻ってきて、見事にプレーオフを制覇して決勝では隣国ルーマニアのチームを下し優勝!

    ここで興味深い事は、ハンガリーホッケーはアジアリーグみたいな形の参戦を2リーグ分で行っているという事。オーストリアリーグに参加している姿は中国シャークスと被りますが、中国との違いはそこで力を付けているという事でしょう、アジアリーグ参戦のお陰で確実に韓国ホッケーは強くなってきてるのに、何故中国には同じ効果が出ないんだろう?そして国内リーグのプレーオフでは決勝でルーマニアのチームとぶつかりました、これは逆にハンガリーが主体なのでアジアリーグでは国内チームの優勝して当然の立場なのです。そして、ハンガリーリーグに参加してる事によって、ルーマニアも力を付けているんでしょうね。

    国際リーグに参加して自国代表を強化して、国内リーグを隣国チームを開放して隣国の代表の強化にも繋がっている。正しく国際ホッケーリーグの理想の形ですね。そして日本はというと、アジアリーグで韓国と中国の強化に胸を貸している形になりますが、残念ながら日本のチームが強いリーグに参加して日本代表の強化に繋がるような事は起きていません。

    どうしたらこのような状況を打開できるのでしょうか?またアムール(やカザフスタンのチーム)に本気でアジアリーグに参加してもらう、というのも一つの手ですし、もしシベリアリーグが存在していてそこそこのレベルであれば、日本のチームを送り込みたいですね。もしそうでなくとも、ハバロフスクとウラジオストクのチームとは定期戦を組んで欲しい。アジアリーグと日ア連は、あと数歩足りないんですね…(札幌大会の開催側、宣伝等皆無のやる気の無さには失望しましたが)。

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, hockey, information, International, Japan, opinion, Uncategorized | Tagged: , , , , , , , , , , , , | 1 Comment »

    やっぱり

    Posted by japanstats on 2008 April 28日 Monday

    あまり注意して見てなかったけど、マスコミの長野の聖火リレーの報道が何か変だと思ってたら、長野が中国化してたんだ

    警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、
    そこをマスコミは撮影し、
    中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。
    これが日本のやることか?
    ここは本当に日本なのか?
    中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

    この国は最低な国です。
    チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、
    僕は彼らに謝りたかった。
    初めて日本人であることを恥じた。

    帰り道、僕らは泣いた。

    これが真実です。
    僕は日本政府は中国以下だと思った。
    弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

    4/26日長野。
    そこには言論の自由はなかった。
    歩行の自由すらなかった。
    中国人を除いて。

    確かにこの日記を書いた人の視点はもちろん思いっきり偏ってるが、それに負けず劣らず偏っていて抗議者側を迷惑行為者としてしか捉えられないマスコミって…やっぱりマスゴミ。警察も相変わらずって感じで、やっぱり頼りにならないのか。

    読売

    朝日

    まあ、新聞の報道は警察の行動通り、そして警察の行動は国の思惑通りってとこ…?

    Posted in 01_日本語, information, opinion, random | Tagged: , , , , , , , , | Leave a Comment »