Japan, Hockey, Baseball, etc.

Mostly about Asian ice hockey, Japanese baseball, other sports, and random tidbits

  • Categories

  • 人気の記事

  • Archives

  • 2008 2009 anyang baystars beijing buffaloes canada carp china cl cranes darvish eagles fighters free blades giants halla hanshin High1 Hiroshima hokkaido humor humour Ice Bucks icebucks ice hockey ihwc IIHF Japan KHL korea koshien lions lotte marines nikko nippon paper Oji OPS pacific league pl prince rabbits rakuten saitama sapporo seibu sharks swallows tigers tohoku uniform wbc yakult yokohama yomiuri アイスホッケー アメリカ オリンピック カナダ スウェーデン セイバーメトリクス ドイツ バンクーバー プロ野球 メジャー ユニフォーム ロシア 世界選手権 中国 五輪 日本 日本代表 札幌 西武 野球
  • Pages

  • Meta

  • Posts Tagged ‘北米’

    NHL対欧州クラブチーム2008試合結果

    Posted by japanstats on 2008 October 3日 Friday

    NHL 2008-09 シーズンのチェコ(プラハ:レンジャーズ対ライトニング)とスウェーデン(ストックホルム:セネターズ対ペンギンズ)の同時海外開幕に先駆けて、NHL チーム対欧州クラブチームの対決が6試合実現されました。

    9月後半の時点ではNHL チームはまだトレーニングキャンプ中なので、まだプレシーズン8試合目とかそういう状況でした。欧州リーグは開幕が9月初旬だったりするので、もうこの時点でプレシーズンとレギュラーシーズン合わせて20試合戦ってきていたりしますので、チームの仕上がり状態は海の両側で結構違います。

    とりあえず結果を:

    9/28 Eisbaren Berlin (GER) 1 (1-0, 0-2, 0-2) 4 タンパベイ・ライトニング

    9/30 SC Bern (SUI) 1 (0-2, 0-0, 1-6) 8 NY レンジャーズ

    9/30 Slovan Bratislava (SVK) 2 (0-1, 1-0, 1-1, 0-0, SO 0-1) 3 タンパベイ・ライトニング

    10/1 Mettallurg Magnitogorsk (RUS) 3 (2-0, 1-1, 0-3) 4 NY レンジャーズ (ビクトリア杯)

    10/2 Jokerit Helsinki (FIN) 1 – 4 ピッツバーグ・ペンギンズ

    10/2 HC Frolunda (SWE) 1 – 4 オタワ・セネターズ

    このうちビクトリア・カップとセネターズの試合をそれぞれ半分くらい見る事ができました。

    感想としては、普段見れない組み合わせのカードばかりなので、面白い。そしてNHL チームが6戦全勝したものの、スロバキアのSlovan 相手にライトニングはSO (GWG) による辛勝(ちなみにNHL対スロバキアのチームはこれが初)、肝心なビクトリア杯では2ピリ終了間際まではMetallurg が3-0 で勝っていたものの、キャプテンのChris Drury が一人奮闘しレンジャーズが試合残り20秒のCallahan のゴールでこちらも辛勝。Metallurg のゴーリーのMezin がヤバかったです。Metallurg は昨季の欧州王者だが、今季開始したロシア・スーパー・リーグ(RSL) の後継であるKHL (コンチネンタル・ホッケー・リーグ)での成績は平凡。NHL とKHL のレベルに明らかな差があるものの、KHL はAHL やスウェーデンのエリートリーグ(Elitserien) を凌ぐ世界No.2 のアイスホッケーリーグでしょう。両チームともそれぞれのリーグの王者とは程遠い者同士の対決になったビクトリア・カップだったのですが、WBC の一回目みたいにとりあえず開催は成功したんじゃないでしょうか、レンジャーズはかなりガチで試合してたし。セネターズのスウェーデン人キャプテンDaniel Alfredsson は、古巣相手に1ゴール1アシストの活躍。

    Posted in 01_日本語, hockey, information, NHL, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    2008-09北米でプレーする日本人選手

    Posted by japanstats on 2008 September 25日 Thursday

    福藤豊選手は、またECHL のベーカーズフィールド・コンドルズで開幕します(多分正ゴーリー)が、チームがアナハイム・ダックスの傘下に入ったという事もあって、活躍したらAHL に登れるチャンスの年です。(一休.comで4部に渡るのインタビューがあります。)

    昨シーズン同じECHL のユタ・グリズリーズでプレーした高橋一馬選手は、今カナダでトレーニングをしていて、チーム探しをしている状況です。NHL が開幕するまでは、下のリーグのロースターがなかなか決まらないものなので、こればかりはいつもの辛抱なのでしょうか。またECHL でプレーできれば良いです。

    西脇選手は一年だけの留学でECHL でプレーしていたのですが、今年は北米ホッケー界に新しい日本人選手が現れました。家族でホッケーしにチェコに行っている桐渕家の長女の絵理さん(19)が、その年代では世界トップのNCAA ディビジョンI の大学・ミネソタ州のBemidji State に入りました(経歴が長いw)。チームにゴーリーは3人いて、皆1年生だという事で、いきなり正ゴーリーになるチャンスです!(このレベルでプレーした日本人は過去にいないので、間違いなく将来の日本代表候補でしょう。福藤選手の女版みたいな存在ですね。)

    あと、昨シーズン、カナダのメジャー・ジュニアの決勝トーナメントのメモリアル・カップに出場した河合選手が、オーバーエイジなので、フリーエージェントとしてどこかのチームと契約かトライアウトしているはずですが、情報が掴めません。

    皆さん、頑張って下さい、期待してます!!(^^

    Posted in 01_日本語, ECHL, hockey, information, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    乱闘

    Posted by japanstats on 2008 February 13日 Wednesday

    アメリカのDivision I 大学リーグレベルでは比較的珍しい乱闘が週末の試合で起きました。NY州のライバル校同士のRIT 対Canisius の試合でした。(プロやメジャージュニアでは、それほど珍しくない。)

    戦後からは大人しい国民性のお陰か、日本では乱闘は起きませんが(中国のチーム対日光の乱闘が昨シーズン神戸でありましたが、あれは「正しい乱闘の作法」を完全に無視した複数対一や、ベンチから選手が乱闘に参加してたりした危険な物でした、それに比べると乱闘文化(笑)が確立してる北米では、半分見世物である「乱闘」は大事には至りません)、観客の反応の違いも面白いです。北米だと乱闘が始まると観客が盛り上がるけど、日本だと乱闘が始まりそうになると観客が引いてしまって静まり返ってしまう。文化と北米スタイルの根付き具合の違いですね(^^;

    欧州と北米のホッケー交流がかなり盛んになってきていますので、最近では欧州でも似たような「乱闘道」を極めた乱闘が増え始めているそうです。まあ、もっぱらカナダ人選手が原因なのですが、NHL でも旧ソ連各国から荒くれ者が出没してきていますね。怖いもの見たさでは、面白くも見れるホッケーのショー的要素の強い「乱闘」。最近では現在ECHL ベーカーズフィールド所属の福藤選手も参加していて、最終的にはしっかり相手をねじ伏せて、観客にもアピールしていましたね(^^ 本人から直接話を聞いてみたいです。

    Posted in ECHL, hockey, information, opinion | Tagged: , , , , , , , , , | Leave a Comment »