Japan, Hockey, Baseball, etc.

Mostly about Asian ice hockey, Japanese baseball, other sports, and random tidbits

  • Categories

  • 人気の記事

  • Archives

  • 2008 2009 anyang baystars beijing buffaloes canada carp china cl cranes darvish eagles fighters free blades giants halla hanshin High1 Hiroshima hokkaido humor humour Ice Bucks icebucks ice hockey ihwc IIHF Japan KHL korea koshien lions lotte marines nikko nippon paper Oji OPS pacific league pl prince rabbits rakuten saitama sapporo seibu sharks swallows tigers tohoku uniform wbc yakult yokohama yomiuri アイスホッケー アメリカ オリンピック カナダ スウェーデン セイバーメトリクス ドイツ バンクーバー プロ野球 メジャー ユニフォーム ロシア 世界選手権 中国 五輪 日本 日本代表 札幌 西武 野球
  • Pages

  • Meta

  • Posts Tagged ‘日本代表’

    2008.6.10 プロ野球の成績

    Posted by japanstats on 2008 June 11日 Wednesday

    交流戦も3分の2の16試合を消化し、楽天と阪神が強く11勝ずつしています。楽天は交流戦1位の得失点差+30なので、期待通りの活躍で、阪神は相変わらずの強さです。

    北京五輪の候補選手にGG.佐藤と帆足(西武)、吉見(中日)と、渡辺(阪神)が追加されましたね。去年から打ち続けているGGはもはや必須でしょうが、他の選手はどれほど戦力アップに繋がるのか?持っていかれるチームにとっては痛いのですが…

    今週も忙しいので、打撃と投手の成績だけアップしておきます。FIPとOPSについてはこちらを

    打撃成績 (2008.6.10)

    内川(横浜)が規定打席に到達して、OPS上位にも台頭しました、いつまで続くかな…?北京ではGGー青木ー稲葉の外野になるのかな?

    投手成績 (2008.6.10)

    ルイスがどれだけ広島の3位争いに貢献しているのかがよく伺えます。田中マー君と岩隈との差も防御率や勝敗の数が示すほどではありません。小松はオリックスで孤軍奮闘してるみたいですね。川上憲伸も完全に怪我(体調不良?)からカムバックしていて、ここ3試合で8、7、7回ずつ投げており、失点もそれぞれ1,3,1点ずつと良い成績です。投手には困らないでしょう、日本代表。

    Posted in 01_日本語, baseball, information, NPB, opinion, Sabermetrics, statistics | Tagged: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    日本・アジアホッケー界の問題とこれからについて

    Posted by japanstats on 2008 May 25日 Sunday

    興味深い記事を2件見つけました。

    語りべ加藤じろうさんの記事は、斬新かつ読み応えのあるもので、さすがです。要点だけを抜擢すると

     ★ レギュラーシーズンを、1stステージ(11月〜12月)、
       2ndステージ(1月〜2月)、3rdステージ(3月〜世界選手権を挟んで〜4月)と、
       3つの期間に分けて、各10〜15試合ずつのリーグ戦を実施。

     ★ 社会人チームや、日韓の大学チーム、さらに中国の国内チームなどは、
       ステージごとのスポット参戦を可能に。

     ★ 各ステージの優勝チームと、それ以外のチームの中で最も勝点の多いチームによる
       ベストオブセブン(7回戦制)のプレーオフを、5月から開催して、チャンピオンが決定!

    実現可能かどうかは別として、凄い発想力です!

    そして去年のOhMyNews の記事になります(3部作で、全て読み応えあり)が、腐敗してる日ア連の内部が読み取れます。どうりで日本で25年ぶりにホーム開催をした札幌での世界選手権のプロモーションが全くなってなかったはずだ。開催地の札幌でさえ、全然世界選手権が国内で開催されている雰囲気が無かったです。札幌で話した外国人サポーターによると、何年か前のフランスでのディビジョンI の大会では、町を挙げての開催で、町中に大会のバナーやらポスターやらが貼られていて凄いPR されていたそうで、会場もとても良い雰囲気だったそうです。残念ながら日本の主催者には、国を挙げてどころか、町を挙げて大会を盛り上げようとする姿勢が全く見られませんでした…これじゃ選手へのバックアップも十分ではないのは明らかで、日本のトップディビジョンへの道はまだまだ長いでしょう。

     

     

    スピードと迫力、そしてエンターテインメント性にも優れたアイスホッケー。不人気の要因は、競技団体のずさんな体制にあるのではないか(写真はイメージ、ロイター)

    2008年4月、札幌でアイスホッケーの世界選手権ディビジョンIが開催される。このことをどれだけの人が知っているだろうか。開催まで6カ月を切ったが、大会告知ポスターがどこにも張られていないばかりか、アイスホッケーの試合会場ですら告知していない。これでは、アイスホッケーに興味があるファンですら知ることができない。
     「世界陸上」に「世界水泳」、さらには「世界柔道」など、各種競技団体の世界規模の大会となれば、メジャー競技ならば地上波で、地上波が難しい場合でもBSやCSでテレビ放映されるのが一般的であろう。

     中継局が決まると、テレビ局にとって、そのイベントは「自社もの」になり、視聴率アップをめざし、大会展望や紹介企画をスポーツニュースなどでも流し、盛り上げてくれる。

     しかし、札幌で開催されるアイスホッケーの世界選手権。各テレビ局の反応は芳(かんば)しいものではない。ハッキリ言えば「ノー」に近く、日本で開催されながら、テレビ中継される可能性は薄いのが現状だ。

     なぜ、こんな状況になったのであろうか。その一番の要因として、日本のアイスホッケー界をつかさどっている日本アイスホッケー連盟(日ア連)の無策が挙げられる。

     状況に即した的確な策を遂行する。それが組織を動かし、ひいては発展につながる。しかし、それができず、無策のまま時が流れている。これは、日ア連の組織の構造上の欠陥が招いたものだと言わざるを得ないだろう。

     それを象徴的する出来事が、春先から秋にかけて起こった、混迷を呈した人事問題だ。その人事問題が長引き、新体制の発足が遅れたため、後手後手に回ることが多く、4月に行われる世界選手権の準備の立ち遅れ状態を作り出した。

     

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, hockey, International, Japan, opinion | Tagged: , , , , , | Leave a Comment »

    2007-08を北米でプレーした日本人選手の成績

    Posted by japanstats on 2008 May 23日 Friday

    河合卓真選手(西武と日本代表の河合選手の弟)が所属しているGatineau Olympiques (Gatineau はオタワから川の向かい側にある) が、カナダのメジャージュニア3リーグの勝者同士の決勝トーナメントのメモリアル・カップから敗退してしまったので、これで北米でプレーオフに関わっていた日本人選手全員のシーズンが終わった事になります。実は日ア連のサイトに、メモリアルカップ前のインタビューなんてのもあります。今期はレギュラーシーズンで、シーズン後半に小5以来のディフェンスにコンバートされながらも、47試合5ゴール8アシストの13ポイントと反則20分。優勝したQMJHL のプレーオフでは14試合で1ゴール(エンプティネット)、そしてカナダ全土の決勝のメモリアルカップでは3試合2アシスト。チームの活躍に欠かせない選手でしたが、メモリアルカップに出場した事と、ディフェンスも出来る起用さを買ってもらい、NHLのチームにドラフトされてくれないかな~…?

    日本代表のレギュラーで、アジアリーグのポイントランキングでも上位だった西脇選手は、北米初挑戦の年にECHL Dayton Bombers で64試合31ポイント(14G+17A)、そしてファイティングメジャーも含めた44 PIM。 チームが敗退してしまったプレイオフの第1ミニラウンドでも2試合で1アシスト。チーム6位タイのポイントだったので来年も北米でプレーするのであれば、まずはECHL でまたチャンスを貰えるでしょう。

    元日光アイスバックスの高橋一馬選手は、チームでいろいろな役割を渡されながら、ECHL Utah Grizzlies で28試合5アシストと31 PIM。去年はもっと下のリーグでプレーしてたので、確実にレベルアップしてます。来期はどこからスタートできるかは、どのチームがチャンスを与えてくれるか…

    そして言わずと知れたECHL Bakersfield Condors の福藤豊選手。正ゴーリーとして47試合に出場して、チームベストの防御率3.39 とセーブ率.899、そして負けの方が多かったチームにいながら18勝18敗。プレーオフも6試合で2勝2敗2引き分け(延長)、防御率3.55 とセーブ率.912 という数字を格上のVictoria 相手に残しました。是非AHL でプレーするチャンスが欲しい所ですが、来期もまたECHL からでしょう。

    Player

    Team

    League

    GP

    G

    A

    P

    PIM

     

    Kawai, Takuma

    Gatineau Olympiques

    QMJHL

    47

    5

    8

    13

    20

     
     

    (Playoffs incl. Memorial Cup)

    17

    1

    2

    3

       

    Nishiwaki, Masahito

    Dayton Bombers

    ECHL

    64

    14

    17

    31

    44

     
     

    (Playoffs)

     

    2

    0

    1

    1

    0

     

    Takahashi, Kazuma

    Utah Grizzlies

    ECHL

    28

    0

    5

    5

    31

     
                     

    Player

    Team

    League

    GP

    W

    L

    T

    GAA

    Sv%

    Fukufuji, Yutaka

    Bakersfield Condors

    ECHL

    47

    18

    18

    1

    3.39

    0.899

     

    (Playoffs)

     

    6

    2

    2

    2

    3.55

    0.912

     

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, ECHL, hockey, information, Japan, opinion, statistics | Tagged: , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    2010年バンクーバーへの道

    Posted by japanstats on 2008 May 22日 Thursday

    語りべじろうさんが、男女日本代表のバンクーバー五輪出場への可能性を簡潔に纏めてくれています

    国際アイスホッケー連盟は、2010年に開催される「バンクーバー オリンピック」と、
    その出場権を争う予選のグループ分けを、それぞれ発表しました

    世界ランキングによって、既に決定していたとおり
    日本は、男子、女子ともに、予選を経て、バンクーバーを目指すこととなりますが、
    男子は、11月にポーランドで開催される2次予選から参戦。

    ポーランドルーマニアイギリス と総当りのリーグ戦を行い、トップになれば、
    他2つのグループの2次予選で、トップとなった国との世界ランキングによって、
    来年2月に、ドイツ、ラトビア、またはノルウェーの いずれかで行われる最終予選へ。

    そして、再び4ヶ国総当りの最終予選でもトップになれば、
    オリンピック出場権を獲得することができます。

    一方の女子は、11月の最終予選に出場。
    こちらも、開催国の 中国 と チェコ、さらに 1次予選から勝ち上がってきたチーム との、
    総当りのリーグ戦でトップになると、バンクーバーへのチケットを手にすることができますが、
    以前の記事でも紹介したように、
    これまでの戦績を考えると、中国との一騎打ちになりそうな見込み。

    男子は、個人的にはイギリスもあなどれない相手だと思いますので、ポーランドと三つ巴になる可能性も十分にあります(イギリスはトリノ五輪予選を欠場したので、実力以下の世界ランキングになっている)。でも、もしこの予備予選を勝ち抜いても、ランキングが10代の最終予選ラウンドが待っていますから、正直厳しいでうすね、もちろん応援してますが。

    そして女子は語りべさんの仰る通り落ち目の中国との一騎打ちになりそうですね。女子代表が五輪本選に出場してくれれば、国内のアイスホッケー注目度も少しは上がるかな…?

    先月札幌で行われたディビジョンI の運営が散々(ほとんど広報無し、メディアの注目度も激低…orz 日ア連は、やる気あるのかね?古い体質が問題視されている話を聞くのも少なくないですね、残念ながら…)

    がんばれ日本!そしてアジアリーグ覇者王子の来シーズンに向けてのトレーニングキャンプはもう始まりました。西武のタフなトレーニングプログラムといい、最近日本ホッケーのトップレベルはレベルアップしてるみたいですね、ハンガリー、デンマークやオーストリアのライバル国は、協会とクラブと選手の育成ベクトルに統一性を持っているのでもっと進展してるそうですが。(今年の世界選手権ではノルウェーとベラルーシもがんばりましたね。)スイスなんて、ついに世界ランキング7位になり、ビッグ7の壁を突き破りました(まあ、スロバキアはNHL 選手が多く不在してた一軍半でしたが。)

     

    Posted in 01_日本語, hockey, information, International, Japan, NHL | Tagged: , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    日本人初、メモリアルカップ出場!

    Posted by japanstats on 2008 May 20日 Tuesday

    カナダのメジャージュニアでNHLを目指している選手として、QMJHL でプレーしてる河合選手(西武と日本代表の河合選手の弟)のチームGatineau Olympiques がなんとリーグ優勝(QMJHL はカナダ東部で一番レベルの高いジュニアリーグ)をして、今まさにカナダジュニアホッケーの決勝大会(4チームで行われる)のメモリアルカップに出場しています。 

    ヘローキィさんの日記にも書かれてるし

    なんとCanadian Press (カナダの共同通信みたいな機関)の記事にもなりました! 

    しかも第2試合はBelleville に3−6で負けちゃったけど、しっかり2アシスト取ってて+2、凄い! 

    メモリアルカップ

    これからが楽しみな選手ですね!

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, culture, hockey, information, Japan | Tagged: , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    世界選手権の新聞記事

    Posted by japanstats on 2008 April 11日 Friday

    札幌で13日から開催されるアイスホッケー世界選手権ディビジョンI グループB の記事が、ちらほらと新聞に掲載され始めました。といっても、詳細な記事は北海道の新聞だけで全国区ではまだまだ小さな扱い…

    一般スポーツ紙では、まだ3月の記者会見の短い記事だけ。

    やっぱり北海道は日本ホッケー界の中心だけあって、元日本代表選手とのインタビュー等を含めた詳細な情報の載っている記事が書かれている。

    朝日新聞北海道版から:

    アイスホッケー男子の世界選手権ディビジョン1グループBが13日から、札幌市豊平区の月寒体育館で始まる。日本を含む6カ国が参加。札幌開催は33年ぶりで、日本での開催は25年ぶりとなる。「世界選手権をきっかけにアイスホッケー人気を再び」と関係者の期待は高まっている。 (平間真太郎)

     「75年の世界選手権札幌大会には、たくさんの観客がつめかけました。3年前の冬季札幌五輪の熱気がまだ残っていて、日本以外の国同士の試合でも満員になったぐらいです」。当時、実行委員長を務めた札幌アイスホッケー連盟の片岡勲会長(71)は当時を振り返る。

    当時はFW引木孝夫、GK大坪利満など冬季札幌五輪でも活躍した道産子選手が中心。「国際大会の経験が豊富なチームだった」と片岡会長。ただ、日本は8チーム中6位でインスブルック五輪に上位グループとして出場することはできなかった。

     
    北海道新聞から:

    *元日本代表選手工藤さん*感動の喜びを応援で

     「世界の舞台では観客とリンクが一体となると、まるで氷が動いているような瞬間が来るんだ」

     高校時代から国際試合を何度も経験し、その厳しさも喜びも知っている。コクドの名DFとして知られた工藤篤緒さん(43)。世界選手権の出場回数は十回に上る。

     初めての世界への挑戦は、苫小牧東高二年だった一九八五年に札幌初開催の世界選手権のジュニア部門。指を骨折し、テーピングで固定しながら出場し、八チーム中三位に。「会場は連日満員で、街中が熱かった」

    おまけにサッカー解説者であり日光アイスバックスSDのセルジオ越後氏の、バックスとJリーグクラブとの関係性についての記事

    僕はアイスホッケーの日光アイスバックスのシニアディレクター(SD)に2006年の夏、就任しました。野球の星野仙一さんが阪神タイガースのSDをしていましたけれども、僕はSDとして自分のネームバリューを生かしながら、クラブ運営、チーム強化、プロモーションなどに広くかかわっています。
     「なんでアイスホッケー?」と、みんなにすごくビックリされますが、そんなに不思議? 日本はよく「縦割り社会」って言われるけれども、僕はスポーツこそ横につながるべきと思ってます。
     僕はSDになってから、サッカーを何十年やっても巡り合えなかった人たちにたくさん出会えたのね。違う競技に興味を持っただけで、これだけ世界が広がるんだなあと実感しました。
     今、アイスホッケー界は日本の4チームと韓国2チーム、中国1チームの7チームで「アジアリーグ」を組織しています。そして、日光アイスバックスは日本で唯一のプロチームです。
     プロと言っても、企業が主体の他チームとは違い、地域型のチームで財政的な基盤がとても弱くて苦しい。だから、選手一人一人が、プレーしながら営業もやり、クラブ運営やプロモーションなどといったSDみたいな役割も果たさなければなりません。
     そんな彼らの「なんとしてもチームを存続させたい。プロとしてアイスホッケーで生活をしたい」という強い熱意に共感して、僕はお手伝いをしているのです。もちろんボランティアです。

    Posted in 01_日本語, hockey, information, International, Japan, soccer | Tagged: , , , , , , , , , , , , , | 4 Comments »

    ホッケー関係いろいろ

    Posted by japanstats on 2008 April 9日 Wednesday

    13日から開催される2008年IIHF 世界選手権ディビジョンI グループB(札幌)の正式サイトがオープンしました。

    日本も戦っているトップレベルの2008年女子世界選手権(中国ハルビン)ではグループラウンドが終了して昨日から順位決定ラウンドへ。そこでなんとスイスがスウェーデンに4-3で勝ち、フィンランドがアメリカに1-0で勝つという2つの巨大な番狂わせがありました!女子ホッケー界は北米勢にスウェーデン・フィンランドの北欧勢が続くという形が随分と長い間出来上がっていたものなので、予想が難しくなるのは喜ばしい事です。残念ながら日本はドイツに1-2と競い負けてしまいました。中国との試合が実質降格争いの大一戦になるので、頑張ってほしいです。

    そしてラトビアのリガで開催されているU18世界選手権ディビジョンI では、日本はイタリア、ノルウェーやオーストリアといった格上の相手から試合をもぎ取れず、明らかに格下のオランダに7-4と楽勝してディビジョンI 残留が決定しましたが、レベルアップができないと毎年降格争いをする国になってしまいますね…

    Posted in 01_日本語, hockey, information, International, Japan | Tagged: , , , , , , , | Leave a Comment »

    プレビュー:2008 IIHF 世界選手権ディビジョンI@札幌

    Posted by japanstats on 2008 April 3日 Thursday

    13日(日)~19日(土)の日程で、いよいよ日本で25年ぶりのアイスホッケー男子の世界選手権が札幌で開催されます!

    日本代表(世界ランキング22位)が迎え撃つのは、中東欧のウクライナ(15位)、ハンガリー(21位)、エストニア(23位)、リトアニア(25位)、そしてクロアチア(28位)。

    この選手権で金を獲ってトップディビジョンへの昇格候補は、今年こそがチャンス、地の利を生かせるか日本、トップから降格してきたウクライナ、そして近年国際ホッケーで右肩上がりのハンガリー。エストニアは中堅と見られていて、ディビジョンIIへの降格争いは、下へ戻りたくない昇格組のクロアチアと、ホッケープログラムが右肩下がりのリトアニアでしょう。

    大会の日程です。1日3試合(13:00、16:30、20:00)のスケジュールで、平日の日本戦は社会人が応援に駆けつけやすい夜8時からに設定してあって、最終日の土曜日だけ日本戦が16:30からです。

    チケットは、大手プレイガイドはぴあだけらしいですね。ですのでコンビニではファミマだけが扱っています。

    さて、注目国のウクライナは情報が無いのでひとまず置いておき、昇格争いのライバル国になるであろうハンガリーと、召集できる選手によっては降格争いから昇格争いへ飛び級してくる可能性を秘めているリトアニアのキー選手にスポットライトを当ててみましょう。

    ハンガリーは、まずゴーリーにAHL, ドイツとスウェーデンのトップリーグでプレー経験のあるLevente Szuper (HC Milano – Serie A) がいます。ECHL経験を持ち現在スウェーデン1部リーグでプレーしてる、アメリカ生まれのハンガリー系(帰化か二重かは不明)選手Roger Holeczy (Gislaveds – SWE1)。そしてここ3年間AHLでレギュラーを張っているJanos Vas (Iowa Stars – AHL)。この二人はフォワードです。結構レベルの高い選手にリードされていますね。Iowa は地区最下位なので、スターズの他の提携チームのプレーオフに送り出されない限り、日本に来そうですね。

    そしてリトアニアには、まず絶対来れないであろうDainius Zubrus (NJ Devils – NHL) がいます(笑)、デビルズが4タテを食らっても、大会の後半にしか間に合いませんので、99%ありえないでしょう。しかし召集が出来れば、元ソ連だけあって良い選手が揃う可能性もあります。ラトビアでプレーするDarius Pliskauskas Darius Lelenas のダブルDarius は共に ラトビアリーグのMetalurgs Liepaja所属で、今シーズンは1試合1ポイント以上の成績を残しています。ラトビアはご存知の通りトップディビジョンの常連国(去年トップの世界選手権を開催)なので、国内リーグもそれなりのレベルでしょう。ディフェンスのMindaugas Kieras もラトビアでプレーしています。Dmitrijus Bernatavicius はロシア2部チーム所属のベテランフォワードで、Arunas Aleinikovas はベラルーシリーグのチームで活躍中、ベラルーシ代表もトップディビジョン常連です。

    日本はロシアリーグのアムール(どんな選手が来日したかは不明)との練習試合を行い、第一試合は4-4と上出来でした。 やっぱり大久保がPP で光ってましたね。ECHL でプレーしてる日本人初のNHL経験者の福藤選手はチームのプレーオフで参加不可能、ファーストラウンドの結果によっては西脇選手が代表に加入できるかもしれません。東洋大の芳賀はなんとディフェンス第2ペアで起用されたので、代表に生き残れそうかな。明大の梁取選手は練習試合に出場しなかったみたいです、第二試合で様子を見るのか、もう絶望的なのか…?あとは、いつも通りのAL 選手たちですが、藤田選手が起用されなかったのも気になるなぁ。ベテランはお休みだったのかな?

    Posted in 01_日本語, ECHL, hockey, information, International, Japan, JIHF, NHL, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    ECHL プレーオフと日本代表

    Posted by japanstats on 2008 April 3日 Thursday

    福藤選手、西脇選手と、高橋一馬選手が現在プレーしている北米ECHL (NHLから2つ下のAAレベルにあたる)のプレーオフまで、各チームが残す試合があと2~3つなので、もうすぐです。

    さて、北米全土アラスカからフロリダまでチームを置くこのリーグ、全ての面でコスト削減の為にかなり変則的で、移動距離の近いチームを同じ地区にまとめる事を優先しているので全9チームの南地区があったり、たった4チームで構成されているパシフィック地区もあります。これまたプレーオフは客が入るという興業優先で、リーグ全25チーム中なんと21チームがプレーオフ進出権を与えられます(今年のアジアリーグや昔のNHLみたい)。プレーオフ進出権とプレーオフ制度自体がいたって複雑、訳する気になりません(笑)。

    日本のファンの主な関心は日本人選手三人のチームの行方と、13日から札幌で開催される日本代表へ彼らが参加できるかでしょう。

    西脇選手のDayton Bombers は北地区で5位確定、まずは6-9日に同地区4位のJonestown と2戦先勝のシリーズを戦います(俗に言うプレーオフ本戦へのplay in みたいです)。もしここで負けてしまったら日本代表にぎりぎりで間に合いますね。代表では北米の経験が絶対生かせるはず(特にフィジカル)なので、プレーオフで活躍してほしいけど、チームをどこまで応援したいか悩ましいところです(^^ゞ

    福藤選手のBakersfield Condors は地理的に北米西部のナショナル・カンファレンスでプレーオフ進出が確定。相手チームによってファースト・ラウンドが10日か11日に始まり、4タテを食らっても16日までシリーズが続くので、どう考えても代表には間に合わないでしょう。思い切って福藤選手のプレーオフを応援できます(笑)。必然的にカンファレンス上位のチーム(アラスカ、ビクトリアか、ラスベガス)にぶつかるので、とても厳しい戦いになるでしょうが…

    そして高橋選手のUtah Grizzlies はファーストラウンドが上位のFresno 相手に13日に始まります。残念ながら代表選考から漏れてしまいましたし、プレーオフでも苦しい戦いが続くでしょうが頑張ってほしいです。

    Posted in 01_日本語, ECHL, hockey, information, International | Tagged: , , , , , , , | 1 Comment »

    痛いゴール集

    Posted by japanstats on 2008 March 20日 Thursday

    ゴーリーの凡ミスや、ゴール周りの攻防でのオウンゴールはさほど珍しくはないけれど、これらは結構痛いなぁ…

    つい先日トロントのToskala が、なんと相手ゴールラインからのクリアシュートをトンネル(?)してしまう。NHL史上最長のゴール?

    これもまた今月、ワシントンのスーパールーキーBackstrom がゴール前のパックをクリアミスしてオウンゴールしてしまう(ホッケーもオウンゴール制度を取り入れればいいのに、スコア上はこっちの方が正確なんだから)。

    11月にはかのJeremy Roenick が通算500ゴール目を決めた。これがまた凄いw

    おまけ:

    エドモントンがアルバータ州のライバルにプレーオフで負けた原因となったSteve Smith の絶対やってはいけない攻めだし…

    オウンゴールを決めて喜び始めてから自分の大失敗に気づく日本代表選手、あちゃー。

    Posted in 01_日本語, hockey, International, NHL, random | Tagged: , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »