Japan, Hockey, Baseball, etc.

Mostly about Asian ice hockey, Japanese baseball, other sports, and random tidbits

  • Categories

  • 人気の記事

  • Archives

  • 2008 2009 anyang baystars beijing buffaloes canada carp china cl cranes darvish eagles fighters free blades giants halla hanshin High1 Hiroshima hokkaido humor humour Ice Bucks icebucks ice hockey ihwc IIHF Japan KHL korea koshien lions lotte marines nikko nippon paper Oji OPS pacific league pl prince rabbits rakuten saitama sapporo seibu sharks swallows tigers tohoku uniform wbc yakult yokohama yomiuri アイスホッケー アメリカ オリンピック カナダ スウェーデン セイバーメトリクス ドイツ バンクーバー プロ野球 メジャー ユニフォーム ロシア 世界選手権 中国 五輪 日本 日本代表 札幌 西武 野球
  • Pages

  • Meta

  • Posts Tagged ‘福藤’

    福藤選手のチャリティーイベント 6/21千葉

    Posted by japanstats on 2009 June 15日 Monday

    福藤選手がチャリティーイベントを開催しようとしています。そこで、アジアリーグでプレーする他の選手たちにも声をかけたところ、趣旨に賛同してくれて、イベントに参加してくれることになりました! 
    観戦だけであれば参加費無料ですので、皆様のご来場を楽しみにしております。 
    また、出来るだけたくさんの方々にこういった活動に関して知っていただきたいので、以下の情報を色々なところで話題にしていただけると幸いです。 
    宜しくお願いいたします。 


    日本人初のNHLプレーヤー・福藤豊の呼びかけによる、 
    チャリティー・アイスホッケー・イベントを開催いたします 

    ――アイスホッケーを通じて世界を変える“最初の一歩”を―― 

    日本人で初めてNHL(北米プロアイスホッケーリーグ)でプレーしたアイスホッケー選手であり、日本を代表するゴールキーパーでもある福藤豊(フクフジ・ユタカ)の呼びかけによる、初めてのチャリティー・アイスホッケー・イベントを6月21日(日)に千葉県・「アクアリンクちば」にて開催致します。 
    米国のプロアイスホッケーリーグでプレーしてきた福藤選手は、現地でのチャリティーイベント参加による経験や、TV等で世界の多くの子どもたちが傷ついている現実を知り、「自分にも何かできないか」と想いを強くしておりました。 
    「1人が社会のためにできることは小さいが、まずははじめの一歩を踏みだそうよ」という彼の思いにちなんで「Take The First Step 」と名付けたこの組織は、アイスホッケーを通して世界の子どもたちを支援するために活動してまいります。 
    そして、その活動の第一弾として、今回アイスホッケーを通じたチャリティーイベントを行うこととなり、彼のその想いに賛同し、元チームメイトや友人、スタッフが集まりました。当日、会場で開催されるチャリティーゲームに福藤選手他、日本を代表するアイスホッケー選手が登場いたします 
    今チャリティーイベントの収益金から、諸経費を除いた全額を、世界中の紛争で傷ついた子どもたちを支援している「ドイツ国際平和村」に寄付いたします。 
    ぜひチャリティーの趣旨にご賛同いただき、ご参加・ご協力をいただければ幸甚です。 

    皆様のご参加を心よりお待ちしております。 


    「FACE OFF 2009 ~自分にできる最初の第一歩~ in千葉」 
    チャリティーイベント開催のお知らせ 

    【日時】2009年6月21日(日) 
    18:15~20:00(18:00開場予定) 

    【場所】アクアリンクちば(千葉県美浜区新港224-1) 
    お問い合わせ:045-474-1112   
    ホームページ:http://www.aquarink-chiba.jp/
    電車アクセス: 
    ①JR総武線稲毛駅(西口)5番バス停 アクアリンクちば行き終点 約18分 
    ②JR京葉線稲毛海岸駅(南口)2番バス停 アクアリンクちば行き終点 約8分 


    車アクセス:  
    ① 東京方面からご利用の方は東関東自動車道、湾岸習志野ICをご利用ください。 
    ② 市原・木更津方面からご利用の方は京葉道路穴川ICをご利用ください。 
    ③ 国道14号・同357号 
    ・市原方面からは、黒砂陸橋下の信号を左折 
    ・東京方面からは、稲毛陸橋の次の信号を右折 
    *駐車場無料 合計440台 

    【内容】 
    ① アイスホッケーのアジアリーグや海外リーグでプレーしている現役日本人選手OB選手数名と一般から公募して集まったプレーヤーとチャリティーホッケーゲームを開催する。 
    ② チャリティーホッケーゲーム実施会場にて募金活動を実施する。 

    必要経費を除いた収益の全額をドイツ国際平和村へ寄付致します。  

    -ドイツ国際平和村とは- 
    紛争地域や危機に瀕した地域の子どもたちへの医療援助を行なう為、ドイツの市民によって1967年7月に設立。紛争で傷ついた子どもたち、病気の子どもたちの治療をヨーロッパで行っているほか、紛争地域・危機的状況にある地域での援助活動(プロジェクト)、現地での医療状況の改善を目指して活動を行っている。また平和村の紹介を通して、平和への関心を高めるための活動も行っている。 

    【対象】プレーヤー:15歳以上の男女(中学生3年生以上) 
    観戦:どなたでも可能 

    【定員】プレーヤー:15名(応募多数の場合は抽選となります) 
    *参加についてのご連絡や、抽選結果は6/18(木)以降にメールにてお送りいたします。 

    *参加資格:男女とも心身ともに健康で、アイスホッケーがプレー出来る方 

    *募集ポジション:フォワード及びディフェンスのみ 
    (ゴールキーパーは対象外とさせていただきます) 

    観戦:定員300名。定員を超えた場合、ご覧になれない場合がございます 

    【参加費】プレーヤー:8,000円(保険代を含む) 
    *当日は、受付で現金でお支払い下さい 
    観戦:無料 

    【持ち物】アイスホッケー防具一式、黒色か白色のユニフォーム及び練習ジャー     ジ 
    *スケートを含む、一切のアイスホッケー防具の貸し出しは行っていません 

    【申し込み・お問い合わせ】 
    Take The First Step事務局 
    Email:takethefirststep@hotmail.co.jp 
    TEL: 03-3400-8305【(有)アスリートバンク内】 

    【プレーヤーお申し込み方法】 
    下記の①~⑦についてご記入の上、上記メールアドレスまでお申込み下さい 
    ① 住所 ② 氏名 ③ 電話番号(自宅・携帯) ④ Eメールアドレス(パソコン・携帯) ⑤ 年齢 ⑥ 性別 ⑦ アイスホッケー歴(例:5年) ⑧ 所属チーム ⑨ ポジション 
    *いただいた個人情報は適切に管理し、「チャリティーホッケーゲーム」の参加当選通知のみに使用いたします。 

    【締め切り】6月18日(木)

    【参加予定選手】 
    以下の選手たちが、「Take The First Step」の活動理念に賛同し参加を決定してくれました。 

    ゴールキーパー   
    福藤 豊(フクフジ・ユタカ(:デスティル・トラッパーズ(オランダ) 
    白鳥 洋(シラトリ・ヒロシ):日光アイスバックス 
    池田 豊(イケダ・ユタカ):元日光アイスバックス 

    ディフェンス   
    大久保 智仁(オオクボ・トモヒト):元西武プリンスラビッツ 
    山口 和良(ヤマグチ・カズヨシ):元西武プリンスラビッツ 
    尾野 貴之(オノ・タカユキ):アニャン・ハルラ(韓国) 
    萩原 優吾(ハギワラ・ユウゴ):日光アイスバックス 

    フォワード   
    田中 豪(タナカ・ゴウ):元西武プリンスラビッツ 
    増子 秀司(マスコ・シュウジ):元西武プリンスラビッツ 
    佐藤 画(サトウ・カク):チャイナ・シャークス 
    佐藤 正和(サトウ・マサカズ):チャイナ・シャークス 
    小林 弘典(コバヤシ・ヒロノリ):日光アイスバックス 
    瀬高 哲雄(セタカ・テツオ):日光アイスバックス 
    衣笠 伸正(キヌガサ・ノブマサ):元日光アイスバックス 
    *上野 拓紀(ウエノ・ヒロキ):元西武プリンスラビッツ【早稲田大学出身】 
    *河合 卓真(カワイ・タクマ):元西武プリンスラビッツ 
    【ガティーノー・オリンピック(QMJHL カナダ)出身】 

    *上野選手、河合選手は西武プリンスラビッツに入部が決定していたが、チームが廃部となったため、アジアリーグでのプレー経験は無。 
    *選手のイベントへの参加については、当日の選手のコンディションにより中止となる可能性があります。

    【参加選手】近日中に発表いたします 

    【その他】オフィシャルホームページは準備中です 


    Take The First Step (テイク・ザ・ファースト・ステップ) 
    Email:takethefirststep@hotmail.co.jp 
    TEL: 03-3400-8305【(有)アスリートバンク内】

    Posted in 01_日本語, ECHL, hockey, information, Japan, NHL | Tagged: , , , , | Leave a Comment »

    福藤選手のPV サンプル

    Posted by japanstats on 2008 October 1日 Wednesday

    SHOKO さんが作成したベーカーズフィールド・コンドルズの正ゴーリーであり日本人初のNHL 選手である福藤豊選手のPV のサンプルです:

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, ECHL, hockey, information, NHL, tokyo | Tagged: , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    2008-09北米でプレーする日本人選手

    Posted by japanstats on 2008 September 25日 Thursday

    福藤豊選手は、またECHL のベーカーズフィールド・コンドルズで開幕します(多分正ゴーリー)が、チームがアナハイム・ダックスの傘下に入ったという事もあって、活躍したらAHL に登れるチャンスの年です。(一休.comで4部に渡るのインタビューがあります。)

    昨シーズン同じECHL のユタ・グリズリーズでプレーした高橋一馬選手は、今カナダでトレーニングをしていて、チーム探しをしている状況です。NHL が開幕するまでは、下のリーグのロースターがなかなか決まらないものなので、こればかりはいつもの辛抱なのでしょうか。またECHL でプレーできれば良いです。

    西脇選手は一年だけの留学でECHL でプレーしていたのですが、今年は北米ホッケー界に新しい日本人選手が現れました。家族でホッケーしにチェコに行っている桐渕家の長女の絵理さん(19)が、その年代では世界トップのNCAA ディビジョンI の大学・ミネソタ州のBemidji State に入りました(経歴が長いw)。チームにゴーリーは3人いて、皆1年生だという事で、いきなり正ゴーリーになるチャンスです!(このレベルでプレーした日本人は過去にいないので、間違いなく将来の日本代表候補でしょう。福藤選手の女版みたいな存在ですね。)

    あと、昨シーズン、カナダのメジャー・ジュニアの決勝トーナメントのメモリアル・カップに出場した河合選手が、オーバーエイジなので、フリーエージェントとしてどこかのチームと契約かトライアウトしているはずですが、情報が掴めません。

    皆さん、頑張って下さい、期待してます!!(^^

    Posted in 01_日本語, ECHL, hockey, information, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    福藤選手、08-09シーズンもECHLで

    Posted by japanstats on 2008 August 7日 Thursday

    福藤豊選手が08-09 シーズンもECHL ベーカーズフィールド・コンドルズ(Bakersfield Condors)に戻る事が確定になったという記事がチームの公式サイトに掲載されました

    借金13のチームで勝率5割の18勝18敗1分、チームNo.1のGAA 3.39 とセーブ率.899、そしてプレーオフ直前の9試合が7-2-0でGAA 2.38 とセーブ率.930 と、プレーオフでの強豪ビクトリア相手に脅威の39セーブの延長勝ちと55セーブの延長負けが特に高く評価されたらしいです。そして福藤選手がこの若いチームでいくつもの通算記録保持者だという事も称えられています。

    チームも独立チームからNHL アナハイム・ダックスの傘下に入り、NHLからは2段下で野球で言うとAA 的存在なチームなので、今年もチームの成績以上の活躍が出来れば、AHL に上がれるかな。今シーズンはディフェンスがザルでなければ、より目立ちやすいのだが…頑張れFuji!!

    The Bakersfield Condors, official ECHL affiliate of the Anaheim Ducks, announced today they have agreed to terms with goaltender Yutaka Fukufuji. The announcement was made by Condors Head Coach Marty Raymond.

    Fukufuji’s name is highlighted throughout the Condors record book, having climbed the ranks in almost every career category as the 2007-08 season progressed. He stands as the club’s all-time leader in wins (45), saves (2,401), minutes (4,944), appearances (90), and is tied for the club record with four shutouts. He ranks fourth in career save percentage (.910) and seventh with a 2.72 goals against average (GAA).

    Fukufuji, 25, has played more minutes between the pipes for Bakersfield than any goaltender in the history of the team. The 2008-09 campaign will be his third in Bakersfield. Last season he overcame a shaky start to carry the team into the post season, finishing with a record of 18-18-1, a .500 win percentage on a team that finished 13 games below .500 on the season. His 3.39 goals against average and .899 save percentage both led the team.

    It was at the end of the season that Fukufuji shined for the Condors. His 7-2-0 record down the stretch was accompanied by a 2.38 GAA and a .930 save percentage, and helped guide the team to a playoff spot. Fukufuji was a workhorse after returning from Injured Reserve in mid-February, appearing in 22 of the team’s last 23 games of the regular season, making 19 starts. In the playoffs, he went 2-4 while starting every game, and made 31 or more saves in each outing, highlighted by a 39-save overtime victory in Game 1 and a 55-save overtime loss in Game 6, both on the road in Victoria.

    そして昨シーズン終了後に日本製紙クレインズを退団になった36歳の元日本代表の桑原ライアン春男選手は、韓国のHigh1 と契約するという噂も流れています…昨シーズンは8G+6A=14P とイマイチパッとしない成績でしたが、若くて勢いのあるHigh1 でもう一花咲かす事が出来るんじゃないでしょうか?日本国籍所有者だから、外国籍選手にも数えられないので、両者にとって利益のある契約になると思います…もし実現されればですが(^^

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, ECHL, hockey, information, Japan, NHL, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    2007-08を北米でプレーした日本人選手の成績

    Posted by japanstats on 2008 May 23日 Friday

    河合卓真選手(西武と日本代表の河合選手の弟)が所属しているGatineau Olympiques (Gatineau はオタワから川の向かい側にある) が、カナダのメジャージュニア3リーグの勝者同士の決勝トーナメントのメモリアル・カップから敗退してしまったので、これで北米でプレーオフに関わっていた日本人選手全員のシーズンが終わった事になります。実は日ア連のサイトに、メモリアルカップ前のインタビューなんてのもあります。今期はレギュラーシーズンで、シーズン後半に小5以来のディフェンスにコンバートされながらも、47試合5ゴール8アシストの13ポイントと反則20分。優勝したQMJHL のプレーオフでは14試合で1ゴール(エンプティネット)、そしてカナダ全土の決勝のメモリアルカップでは3試合2アシスト。チームの活躍に欠かせない選手でしたが、メモリアルカップに出場した事と、ディフェンスも出来る起用さを買ってもらい、NHLのチームにドラフトされてくれないかな~…?

    日本代表のレギュラーで、アジアリーグのポイントランキングでも上位だった西脇選手は、北米初挑戦の年にECHL Dayton Bombers で64試合31ポイント(14G+17A)、そしてファイティングメジャーも含めた44 PIM。 チームが敗退してしまったプレイオフの第1ミニラウンドでも2試合で1アシスト。チーム6位タイのポイントだったので来年も北米でプレーするのであれば、まずはECHL でまたチャンスを貰えるでしょう。

    元日光アイスバックスの高橋一馬選手は、チームでいろいろな役割を渡されながら、ECHL Utah Grizzlies で28試合5アシストと31 PIM。去年はもっと下のリーグでプレーしてたので、確実にレベルアップしてます。来期はどこからスタートできるかは、どのチームがチャンスを与えてくれるか…

    そして言わずと知れたECHL Bakersfield Condors の福藤豊選手。正ゴーリーとして47試合に出場して、チームベストの防御率3.39 とセーブ率.899、そして負けの方が多かったチームにいながら18勝18敗。プレーオフも6試合で2勝2敗2引き分け(延長)、防御率3.55 とセーブ率.912 という数字を格上のVictoria 相手に残しました。是非AHL でプレーするチャンスが欲しい所ですが、来期もまたECHL からでしょう。

    Player

    Team

    League

    GP

    G

    A

    P

    PIM

     

    Kawai, Takuma

    Gatineau Olympiques

    QMJHL

    47

    5

    8

    13

    20

     
     

    (Playoffs incl. Memorial Cup)

    17

    1

    2

    3

       

    Nishiwaki, Masahito

    Dayton Bombers

    ECHL

    64

    14

    17

    31

    44

     
     

    (Playoffs)

     

    2

    0

    1

    1

    0

     

    Takahashi, Kazuma

    Utah Grizzlies

    ECHL

    28

    0

    5

    5

    31

     
                     

    Player

    Team

    League

    GP

    W

    L

    T

    GAA

    Sv%

    Fukufuji, Yutaka

    Bakersfield Condors

    ECHL

    47

    18

    18

    1

    3.39

    0.899

     

    (Playoffs)

     

    6

    2

    2

    2

    3.55

    0.912

     

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, ECHL, hockey, information, Japan, opinion, statistics | Tagged: , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    ECHL プレーオフ第1ラウンド修羅場

    Posted by japanstats on 2008 April 23日 Wednesday

    自分が面倒くさすぎて説明しきれなかったECHL のプレーオフ制度を現在Utah Grizzlies所属の高橋一馬選手が説明してくれました、全25チーム中21チームが出場し、西と東のカンファレンスでとてもアンバランスなレギュラーシーズンとプレーオフのスケジュールを組んでいるのには変わらない、分かりづらい制度なのですが(^^;

    ご存知の通りDayton Bombers に所属していた西脇選手はプレーオフミニラウンドに敗退して、先週札幌で行われた世界選手権ディビジョンI の大会に参加して活躍しました。そしてNHL 初の日本人選手となった福藤選手は現在Victoria Salmon Kings と第1ラウンド決戦中(4戦先勝が2-3ですので2連勝する必要があります)。高橋選手のグリズリーズは4-2でシリーズ勝ち取り、なんとBakersfield 対Victoria の勝者待ちです!なんとECHL のプレーオフで日本人対決が実現するかもっ!?福藤選手とコンドルズの活躍を是非期待してます、ビクトリアは強いチームですが、何が起こるかが分からないのがプレーオフ!

    Posted in 01_日本語, ECHL, hockey, information, International, Japan, opinion, Uncategorized | Tagged: , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    ECHL プレーオフと日本代表

    Posted by japanstats on 2008 April 3日 Thursday

    福藤選手、西脇選手と、高橋一馬選手が現在プレーしている北米ECHL (NHLから2つ下のAAレベルにあたる)のプレーオフまで、各チームが残す試合があと2~3つなので、もうすぐです。

    さて、北米全土アラスカからフロリダまでチームを置くこのリーグ、全ての面でコスト削減の為にかなり変則的で、移動距離の近いチームを同じ地区にまとめる事を優先しているので全9チームの南地区があったり、たった4チームで構成されているパシフィック地区もあります。これまたプレーオフは客が入るという興業優先で、リーグ全25チーム中なんと21チームがプレーオフ進出権を与えられます(今年のアジアリーグや昔のNHLみたい)。プレーオフ進出権とプレーオフ制度自体がいたって複雑、訳する気になりません(笑)。

    日本のファンの主な関心は日本人選手三人のチームの行方と、13日から札幌で開催される日本代表へ彼らが参加できるかでしょう。

    西脇選手のDayton Bombers は北地区で5位確定、まずは6-9日に同地区4位のJonestown と2戦先勝のシリーズを戦います(俗に言うプレーオフ本戦へのplay in みたいです)。もしここで負けてしまったら日本代表にぎりぎりで間に合いますね。代表では北米の経験が絶対生かせるはず(特にフィジカル)なので、プレーオフで活躍してほしいけど、チームをどこまで応援したいか悩ましいところです(^^ゞ

    福藤選手のBakersfield Condors は地理的に北米西部のナショナル・カンファレンスでプレーオフ進出が確定。相手チームによってファースト・ラウンドが10日か11日に始まり、4タテを食らっても16日までシリーズが続くので、どう考えても代表には間に合わないでしょう。思い切って福藤選手のプレーオフを応援できます(笑)。必然的にカンファレンス上位のチーム(アラスカ、ビクトリアか、ラスベガス)にぶつかるので、とても厳しい戦いになるでしょうが…

    そして高橋選手のUtah Grizzlies はファーストラウンドが上位のFresno 相手に13日に始まります。残念ながら代表選考から漏れてしまいましたし、プレーオフでも苦しい戦いが続くでしょうが頑張ってほしいです。

    Posted in 01_日本語, ECHL, hockey, information, International | Tagged: , , , , , , , | 1 Comment »

    ECHLの侍三人衆のブログ

    Posted by japanstats on 2008 March 16日 Sunday

    去年初めての日本人NHL選手としてプレーした福藤選手がブログを始めたお陰で、ECHLで北米ホッケーに挑戦している3選手のブログが出揃いました。

    西脇雅仁選手(Dayton Bombers, オハイオ州) – 世界への第一歩

    高橋一馬選手(Utah Grizzlies, ユタ州) – 公式ブログ

    福藤豊選手(Bakersfield Condors, カリフォルニア州) – THE HUNT IS ON!

    ついでに、チェコでプレーしてるはずの坂田選手も公式サイトとブログがあるんだけど、今シーズンは更新がまだありません、大丈夫かっ!?

    一時期日本代表だったブライト・クリス選手はブログを持ってないみたいですが、どうやらシーズン中にドイツからオーストリアリーグのJesenice (スロベニアから参戦)に移籍したみたいです。

    Posted in 01_日本語, ECHL, hockey, information | Tagged: , , , , , , , | Leave a Comment »

    乱闘

    Posted by japanstats on 2008 February 13日 Wednesday

    アメリカのDivision I 大学リーグレベルでは比較的珍しい乱闘が週末の試合で起きました。NY州のライバル校同士のRIT 対Canisius の試合でした。(プロやメジャージュニアでは、それほど珍しくない。)

    戦後からは大人しい国民性のお陰か、日本では乱闘は起きませんが(中国のチーム対日光の乱闘が昨シーズン神戸でありましたが、あれは「正しい乱闘の作法」を完全に無視した複数対一や、ベンチから選手が乱闘に参加してたりした危険な物でした、それに比べると乱闘文化(笑)が確立してる北米では、半分見世物である「乱闘」は大事には至りません)、観客の反応の違いも面白いです。北米だと乱闘が始まると観客が盛り上がるけど、日本だと乱闘が始まりそうになると観客が引いてしまって静まり返ってしまう。文化と北米スタイルの根付き具合の違いですね(^^;

    欧州と北米のホッケー交流がかなり盛んになってきていますので、最近では欧州でも似たような「乱闘道」を極めた乱闘が増え始めているそうです。まあ、もっぱらカナダ人選手が原因なのですが、NHL でも旧ソ連各国から荒くれ者が出没してきていますね。怖いもの見たさでは、面白くも見れるホッケーのショー的要素の強い「乱闘」。最近では現在ECHL ベーカーズフィールド所属の福藤選手も参加していて、最終的にはしっかり相手をねじ伏せて、観客にもアピールしていましたね(^^ 本人から直接話を聞いてみたいです。

    Posted in ECHL, hockey, information, opinion | Tagged: , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    福藤選手、ファイト!

    Posted by japanstats on 2008 January 10日 Thursday

    頑張れ!という意味も込めてですが、元コクドで去年は日本人初のNHL選手としてプレーした福藤選手が、先日のECHL の試合で多分人生初のホッケーファイト (動画) をしました。両チームの氷上全選手での乱闘だったので、福藤選手には選択肢がありませんでしたね(笑)

    最初はやっぱりファイト慣れしてないので劣勢でしたが、最後に右の一発を食らわせて相手をテイクダウンして、終わったら観客にガッツポーズ見せる余裕(ファンサービス精神旺盛)までありました (^^

    日本代表時代の福藤選手

    Posted in 01_日本語, Asia League Ice Hockey, ECHL, hockey, information, NHL, opinion | Tagged: , , , , , , | 1 Comment »