Japan, Hockey, Baseball, etc.

Mostly about Asian ice hockey, Japanese baseball, other sports, and random tidbits

  • Categories

  • 人気の記事

  • Archives

  • 2008 2009 anyang baystars beijing buffaloes canada carp china cl cranes darvish eagles fighters free blades giants halla hanshin High1 Hiroshima hokkaido humor humour Ice Bucks icebucks ice hockey ihwc IIHF Japan KHL korea koshien lions lotte marines nikko nippon paper Oji OPS pacific league pl prince rabbits rakuten saitama sapporo seibu sharks swallows tigers tohoku uniform wbc yakult yokohama yomiuri アイスホッケー アメリカ オリンピック カナダ スウェーデン セイバーメトリクス ドイツ バンクーバー プロ野球 メジャー ユニフォーム ロシア 世界選手権 中国 五輪 日本 日本代表 札幌 西武 野球
  • Pages

  • Meta

  • Advertisements

    Posts Tagged ‘Penguins’

    NHL対欧州クラブチーム2008試合結果

    Posted by japanstats on 2008 October 3日 Friday

    NHL 2008-09 シーズンのチェコ(プラハ:レンジャーズ対ライトニング)とスウェーデン(ストックホルム:セネターズ対ペンギンズ)の同時海外開幕に先駆けて、NHL チーム対欧州クラブチームの対決が6試合実現されました。

    9月後半の時点ではNHL チームはまだトレーニングキャンプ中なので、まだプレシーズン8試合目とかそういう状況でした。欧州リーグは開幕が9月初旬だったりするので、もうこの時点でプレシーズンとレギュラーシーズン合わせて20試合戦ってきていたりしますので、チームの仕上がり状態は海の両側で結構違います。

    とりあえず結果を:

    9/28 Eisbaren Berlin (GER) 1 (1-0, 0-2, 0-2) 4 タンパベイ・ライトニング

    9/30 SC Bern (SUI) 1 (0-2, 0-0, 1-6) 8 NY レンジャーズ

    9/30 Slovan Bratislava (SVK) 2 (0-1, 1-0, 1-1, 0-0, SO 0-1) 3 タンパベイ・ライトニング

    10/1 Mettallurg Magnitogorsk (RUS) 3 (2-0, 1-1, 0-3) 4 NY レンジャーズ (ビクトリア杯)

    10/2 Jokerit Helsinki (FIN) 1 – 4 ピッツバーグ・ペンギンズ

    10/2 HC Frolunda (SWE) 1 – 4 オタワ・セネターズ

    このうちビクトリア・カップとセネターズの試合をそれぞれ半分くらい見る事ができました。

    感想としては、普段見れない組み合わせのカードばかりなので、面白い。そしてNHL チームが6戦全勝したものの、スロバキアのSlovan 相手にライトニングはSO (GWG) による辛勝(ちなみにNHL対スロバキアのチームはこれが初)、肝心なビクトリア杯では2ピリ終了間際まではMetallurg が3-0 で勝っていたものの、キャプテンのChris Drury が一人奮闘しレンジャーズが試合残り20秒のCallahan のゴールでこちらも辛勝。Metallurg のゴーリーのMezin がヤバかったです。Metallurg は昨季の欧州王者だが、今季開始したロシア・スーパー・リーグ(RSL) の後継であるKHL (コンチネンタル・ホッケー・リーグ)での成績は平凡。NHL とKHL のレベルに明らかな差があるものの、KHL はAHL やスウェーデンのエリートリーグ(Elitserien) を凌ぐ世界No.2 のアイスホッケーリーグでしょう。両チームともそれぞれのリーグの王者とは程遠い者同士の対決になったビクトリア・カップだったのですが、WBC の一回目みたいにとりあえず開催は成功したんじゃないでしょうか、レンジャーズはかなりガチで試合してたし。セネターズのスウェーデン人キャプテンDaniel Alfredsson は、古巣相手に1ゴール1アシストの活躍。

    Advertisements

    Posted in 01_日本語, hockey, information, NHL, opinion | Tagged: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a Comment »

    Diving stars

    Posted by japanstats on 2008 April 28日 Monday

    Sidney Crosby, NHL’s newest superstar, is a well known diver which his opposing fans often points out, and it’s currently causing some commotions among New York Ranger fans as Crosby’s Pittsburgh Penguins are up 2-0 in the Eastern Conference Semifinals thanks to some controversial penalty calls involving Sid the Kid.

    I used to abhor the dive, or simulation as it’s known in football, but this great article on Slate changed my mind on the matter. It’s a rather valid form of self-protection for the smaller, more skilled players in these sports. And who would you rather see on the ice or the pitch, the hulking untalented brutes, or the uberskilled superstars?

    Consider the classic matchup between a skilled dribbler and a big, tough defender. The attacker must use his quickness and wit to get by. The bigger man, though, can always resort to a “professional foul”—an intentional foul in which there is no attempt to play the ball. The defender will give away a free kick, but that will hurt only in certain parts of the field. So, what is the attacker to do? If he finds a flailing leg in his way, he can do nothing except barge right into it. And maybe writhe around on the ground for a bit, encouraging the referee to hand out a card, thus discouraging the brutish defender from trying such rough tactics in the future.

    Far from being a sign of corruption, diving is, in certain ways, a civilizing influence. Divers are usually quicker, smaller players. As athletes get bigger and stronger, the little guy gets nudged aside. If professional fouls and brute force reign supreme, creative play and joyful improvisation will suffer.

    There is nothing more depressing than a player who goes to the ground when he might have scored. Ronaldinho and Thierry Henry, arguably the world’s best players, will stay on their feet at all cost for the sake of a beautiful pass or a brilliant run at the goal. But the next time you see an artful dribbler derailed by a clumsy oaf, take a minute to think about whose side you’re on. Doesn’t the dribbler deserve a somersault or two to remind the world that the only way to stop him is through violent and graceless means?

     

     

    Posted in 02_English, culture, football, hockey, information, International, NHL, opinion, soccer | Tagged: , , , , , , , , , , | 1 Comment »

    ルミュー・サイクル

    Posted by japanstats on 2008 January 11日 Friday

    数々の記録と記憶に残るプレーを残してきた偉大な選手マリオ・ルミューですが、意外と忘れられているのがThe Lemieux Cycle (動画) です。マリオ最高の1988-89 シーズン(85G + 114A = 199P) の大晦日に、通常の5対5状態でのゴール、PPゴール、SHゴール、PSゴール、そしてついでにENゴールまで決めました。NHLの1試合で5ゴールだけでも凄い記録なのに、全て違う種別のゴールでした。マリオの前にこれを記録した選手はいないはず(だからルミュー・サイクルなのでしょう)。2003年にカルガリーのIginla 選手がPSゴール以外の4種類のゴールを決めてリーチしましたが、それ以外この記録に近づいた事は無いそうです、あのGreat One ことグレツキーでさえ。

    ペンギンズって、こんな真っ黄色のジャージ使ってた事あるんですね(笑)

    Mario in the ugliest Pens jersey ever seen

    Mario Lemieux card

    Lemieux hoists the Cup

    Posted in 01_日本語, hockey, information, NHL | Tagged: , , , , , , , , , , | Leave a Comment »